2005年11月28日 (月)

「功名が辻」 -司馬遼太郎-

浦和レッズに魂を売ってしまっている私ですが、実は歴史小説にも奪われてしまっているのです(おまえ魂いくつ持ってんだ?)。

お約束ですが「司馬遼太郎」が好きで、読破してしまうと今後の人生の楽しみが無くなってしまうとあせり、「禁司馬」を2年前に始めました。しかし、NHKの大河ドラマで「功名が辻」を放映されると聞き考えてしまいました。実は「禁司馬」の中に「功名が辻」が入っていたのです。

司馬遼太郎ファンを公言しておいて、大河ドラマで放映する著書を読んでない・・・。これは私の「司馬遼太郎」ファンとしてのアイディンティーが・・・。うーん・・・。そんなの誰も知るわけでもなし・・・。

結局文庫本を買ってしまったのです。なぜ「功名が辻」が残されていたかというと「山内一豊」がキライだからです。無能なくせに、権力者の勢いに乗って昇進していく世渡り上手が非常に気に食わないのです。
そんな昔の人のこと好きも嫌いもねーだろ?
確かにその通りですが、歴史フリーク(オタクとは言わない?)はそうなんですよ。

さて「功名が辻」の感想ですが、主人公は奥さんでしたね。おもしろかったですが、結局最後も「山内一豊」がさらにキライになって終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)