« 2007年10月 | トップページ

2008年6月21日 (土)

中断期間は退屈だ

仕事を終えて駅までの道すがら、前をとぼとぼと歩くのは犬サポのSさん。

「どうっすかそっちは?」
「いやー上向きですよ!ナビスコ無敗でベスト8っすよ」
「こっちは未勝利で敗退ですよ・・・」


浦和に埼スタで「鳥カゴやられた・・・。」と嘆いていた一時期とは違い、やや表情は明るいものの、さすがにサポーターは危機感がある。

「あーあ、でもナビスコの勝ち点リーグに振り替えられないかな。ナビスコ勝っても、J2落ちじゃー意味ないからね」

ふふ、確かにそうだ。
こっちも、ツケ(負け)はすべてナビスコに回したとなれば良いのだが。

「試合がなくてつまんないっすねー。なんか張りがないというか、ストレス発散にもなっていたんだよね」

そう言われて見ればそうだ。つまらんぞ。
(でも違う種類のストレスもたまることもあるのだが・・・。)

「次は28日だよね。こっちは国立で柏戦っす。」
「国立?」
「浦和戦は日立台でやらんのですよ。」
「なんだ、売上のためか。国立じゃ浦和にジャックされちゃうじゃん」
「そりゃそうですよ。国立は浦和のホームみたいなもんだからね」
「ふん!いやだいやだ・・。やな連中だ。」


半分あきらめ顔で言うので、
フクアリの犬サポはがんばっていると賞賛しておきました。
(ホームなので当たり前なことですが・・。)
ジェフ千葉は味スタ連戦みたいです。
ぜひ緑さんとガスさんをやっつけておいてください。

ところで、同じフロアに鹿ファン、鞠ファン、ガスファン、札幌ファンがいる気配があります。
(大宮隠れファンは判明していますが。)
今度一人一人からんでいきたいと思います。

ちなみに私のグループに入る新入社員は「決して浦和レッズの悪口を言うな」と言われて配属されるそうです。なかなか分かってるじゃねーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ