« 2007年9月 | トップページ | 2008年6月 »

2007年10月28日 (日)

ACL準決勝第2戦 vs 城南一和

「あーもう仕事なんかしてらんねー、どうやって早くバックレられるかなー」なんてサラリーマン、OL何千人といたのではないでしょうか。

となりの部署の脇を通ったら、レッズサポのSさんを見つけたので、「よー今日行くんだろ?」と挨拶代わりに声かけたら、
口に指をあてて「シーーーー!!!」
プッ!あいつ適当なこと言って出て行くつもりだな。そういう自分も16:45に「消え」ました。

シビレル試合でした。
城南は、ガンバと川崎の良いところを併せ持ったようなチームでした。
7番、8番中心にボールを回すに回し、サイドを突破されクロスを上げられる。出足が良く、ボール際に強く、圧倒された感がありました。そしてカウンターが早い、うまい。韓国っぽい汚さもあり厳しい試合でした。

誰がこんな展開を予想したでしょう。我々は甘かったということです。1-0となり、Jリーグではあの状況から2点は取られません。そんな自信もあったはずです。しかも事故ではでなく完全にやられての失点でしたから。

延長後半終了後、数分とたたずに、南からバックからゴール裏上段からと、旗が動き始めました。そうです。ゴール裏最前列に集結するためです。
まるで、戦国時代、各方面の部隊が最後の城を落とすために、戦力を集結しているようです。誰かが指揮したわけでもない。今何をすべきかみんな判っている。これが浦和サポーターの強さです。

PK戦。
ポンテ。「ロビーなら大丈夫だ」
ワシントン。「トラウマがあるから心配」
阿部。「阿部なら大丈夫だ」
永井。「おー永井頼む」
平川。「平川かい?!」

城南選手が蹴る時のゴール裏の怨念とも言える大ブーイング、旗とタオルマフラーをあらん限り振り回し、「はずせー」と叫んでしまいました。

あとで録画見たら、けっこう平川落ち着いてましたね。たいしたものですよ。

次は決勝。
でもその前に名古屋戦。
ガンバが負けましたが、それはそれ。やはりホームで負ける訳にはいきません。

今日のキーマンは堀之内選手だと思います。
怪我人続出ですが、こんな状況の時にやってくれるのが堀之内なんですよ。
口うるさい浦和サポーターからの信頼が厚い堀之内選手。
無失点&決勝ゴールでヒーローになっちゃってください。
(そろそろ出ないと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年6月 »