« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月24日 (月)

【浦和1-0横F】オジェック采配とトリコロール作戦?

うだるような暑さで、ペットボトル飲料&ビール何本飲んだでしょうか?

今日は先発で一人並ぼうとしていたところ、東門ゲート階段付近でビール飲んでいた、指定席オヤジチームのⅠさん達に声かけられました。
アウェイでは自由席とのことで並びをご一緒することになりましたが、レッズサポ歴10数年、筋金入り宴会チームのみなさんはしゃべるしゃべる、飲むは飲むはで全く飽きません。楽しかったです。

そのしゃべりの一つを紹介。
Ⅰさんはマリノス戦に行くことを奥様に伝えていなかったことに前日気付き、焦ったⅠさんは、ご機嫌取りにお台場まで昨夜ドライブに連れて行ったそうです(笑)

Ⅰさん曰く「レッズをサポートをするためには、何度でも頭を下げ、どんな事も我慢する」と誇らしげ?に語っていましたが、それって、かっこいいのかかっこ悪いか良くわかりませんが、きっとそんな肩身の狭いお父さんレッズサポーターがたくさんいるのでしょうね。

さて試合前、ちょっとした情報を耳に入る。田中達也にスタメンに入っていない。怪我か?でも、サブ組として練習している。
結果はご存知の通り。オジェック采配がスバリ当たった結果になりました。
そしてこのオジェックのコメントに納得。

しかし、苦しい苦しい試合でした。明らかに選手が動きが鈍い。水曜の試合を知っていサポーターは、ただただ鼓舞するのみ。そして永井のゴール!
久し振りに狂気乱舞した感じです。選手に感謝です。
粘りに粘って勝ち取ったこの勝利は大きい。こんな緊張感がこれから続くのでしょうね。

マリノスのビジュアル。
あれでいいのですかね。
クラブ側のお膳立てで、「みなさーん、席に配られたボードをあげてくださーい」なんてアナウンスが入ったりして。
もちろんクラブやスポンサーの協力は絶対必要ですが、なによりサポーターの意思や思いが感じられないのですよ。選手を鼓舞できたのですかね?
自分達が楽しむ試合前のイベントと同じレベルに感じました。

帰りの電車。
駅に着き降りるところで、後ろから「お疲れ様でした!」の声。
振り返るとレプリカ着た素敵なお姉さまが微笑んでいました。
私も出来る限りの笑顔で「お疲れ様でした」と返し電車を降りました。
最後の最後までいい気分で帰ることができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

大宮>浦和>>>>FC東京

T君はヤクルトファンである。
それもトランペットが鳴り響く、サッカーで言えばゴール裏の住人である。
それでも、過去2.3回浦和戦に来てくれた事がある。

今シーズン初め社内ですれ違った時に、「たまには浦和戦行こうよ」と声をかけたところ、「行く」と言ってくれた。しかも「ガス戦に行きたい」と言うのである。

「ガス」戦?

おいおい、口の悪いJリーグサポーターなら露知らず、そんな言葉どこで覚えたんだ?

事情を聞いてみると、3/10第2節埼玉スタジアムにおける大宮ホーム開幕戦に「タダ券」で行って来たとのこと。結果は0-2・・・散々な結果だったようだ。その時の相手は「FC東京」だったのである。

を潰す」

なんて言っているのだ。

なるほど、それで浦和にFC東京をやっつけてもらおうと。
それで話はつながった・・ような気がしたが、もう一つツジツマが合わないことに気が付いた。

なんでそんなに「FC東京」がキライになったんだ?たった1回のタダ券大宮戦なんて、たいした因縁にもなってないような・・・。

T君はあまり多くを語らないので、その辺はあいまいのままだったが、とにかく一緒に味スタへ行くことになった。

そこでT君がもう一言付け加える。その発想がおもしろい。
「ガス戦の前に、ウォーミングアップを兼ねてもう1試合行きたい」と言うのである。
要は、
「FC東京に勝つためにどれだけサポートできるか」
「そのためには浦和の応援を理解しなければならない」

この発想はさすがヤクルトゴール裏住人である。
もちろん大歓迎で、川崎戦に行くことになった。
(負け試合を見せてしまったが)

川崎戦前、T君はうれしいことを言ってくれた。
「グッズを買いたい」
グッズ売り場で、タオルマフラーとTシャツを買い揃えた。
万全である。

当日の味スタ。
「何時に行けばいいですか、泊まりですか?」
T君は「サポーター、ファンなら早くから並ぶなんて当たり前」が
染付いている。

我々は常に、「周囲が浦和サポーターなってくれれば」との意識を自然に持っている。
T君は浦和サポーターの資質十分。

FC東京戦はめでたく勝利!
T君も目的を果たしご機嫌だったと思う。
   ・
   ・
   ・
ここで月日は流れ大宮戦後、T君は満面の笑みで私にこう言った。

「いい試合でした!」

ここで掲題に戻る。

大宮>浦和>>>>FC東京

「浦和も好きだけど一番は大宮だ」ということになる。

T君は隠れ大宮ファンだったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

ブーイングと闘莉王の怒り

久し振りの負け試合が久し振りの更新となってしまいました。
結果に対しては、まーしょうがねーかとするしかありません。

試合前、なんか気持ちが乗ってない雰囲気が漂う。
「こんな時に0-0か0-1でやられちゃうのがレッズなんだよね」とまだ過去のトラウマを引きずった言葉が交わされていました。
(そんな事口するのはやめましょう)

終了後のサポーターからのブーイング。
賛否両論あるかと思いますけど、サポーターも我慢できないんですよね。
この口惜しさはお前らが受けろとばかり、選手に浴びせかていました。
(私は無言で見送るだけでした)

選手も選手で闘莉王なんか挨拶せず帰ろうとして、引き止められいやいや頭下げてました。闘莉王の気持ちも良くわかります。ブーイングされにわざわざゴール裏に行きたくないですよ。闘莉王も我慢できないんですよ。

ネット上では敬意があるとか無いとか、わがままだとかそうじゃないとかが飛び交っていますが、そんな大袈裟なことじゃないですよ。

いいんじゃないですか、その時はお互い殺伐と睨み合っていれば。
そういったことでとりあえず気が済んで、冷静になって次がんばろってなれば。
昔はいつもそうだったじゃないですか。

たまに負けるからこんな大袈裟な話になるのですね。きっと。負けた時どう振舞っていいかわからなくなってるんですね。(強くなった証拠ですね)

色々あっても、次もサポーターは全力で応援するし、選手だって全力で勝ちに行くでしょう。そういう関係なのではないでしょうか。

この負けを踏み台にして行きましょう。
選手もサポーターも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »