« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月20日 (日)

ネネの価値

ネネが再契約を結んだ。

ネネはレギュラークラスの中でダントツで人気がない。
注意して見ているわけではないが、「5」を背負ってるレプリカ着たサポーターを見たことがない。

「足が遅い」「寄せが甘い」「トロイ」・・・などとさんざん。
契約延長するなとまで言われる始末。
レギュラークラスでこれほど浦和サポーターから信頼も愛着も貰えない選手もめずらしい。
果たしてネネはその程度の価値しかない選手なのか?

でも監督はネネを使うのである。ギドしかり。オジェクしかり。
なぜか?
ネネの特長はどこなのか。

闘莉王ほど高さがないし・・・。
堀之内ほどマークが厳しくないし・・・。
坪井ほど足速くないし・・・。
そして人が良さそうな気弱な表情。

しかし、気が付いたと思うが、バックラインを高く保った時のポゼッションの起点としての役割は大きい。左サイドの相馬、そして阿部との連携がとてもスムーズなのである。そしてなってったって貴重なネネは左利きなのである。

下記の表を見て欲しい。

  高さ 強さ 速さ マーキング フィード 得点力 合計
ネネ 3 2 2 2 4 2 15
闘莉王 4 4 1 1 3 4 17
堀之内 1 3 3 3 2 3 15
坪井 2 3 4 4 1 1 15


私が勝手に付けた評価なので賛否両論はあるかもしれないが、実はネネはとてもバランスが取れたデフェンダーなのである。しかも感情的にはならない冷静さがある。外国人にはめずらしく、出られなくとも文句も言わず淡々と指示に従っている。

ネネのコメントはサポーターに聞こえてこない。ほとんどコメントが公にならないのである。これがサポーターとの乖離の原因であるのではないか。

ナゴヤ戦で点を取ったあとに手を一つ上げず、淡々とポジションに戻っていくネネの姿はカッコ良かった。確かに同点ゴールとなったヨンセンとの競り合いに関してはどうかと思う。それが堀之内だったらこんなにも批判はされないはず。闘莉王だったら防げたのか?

ネネは前節ガンバ戦、ナゴヤ戦と調子が大きく上向きだと思う。
実はやっとネネが本調子となり、これから実力が発揮されるのではないか?

苦しい日程の中、それでも勝つためにはネネが必要となってくると思う。
私はネネに期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

浦和サポーターのイライラ・・・。ん?心配ないですよ。

遅ればせながら鹿島戦は良かった。楽しかった。
相変わらずもつ煮もうまかったし、
鹿島サポも相変わらずだったし。

過去10年間。味わってきた屈辱感・・・。
2003年を境に一つ一つ拭い去ってきているよう。
そうですね、対戦成績が上回るまでは満足できませんね。
もう一つ、鹿島が「休閑王者」のうちに10冠取っちゃいましょ。

さて、のってきたところでホーム千葉戦!
57000超の大観衆。
舞台は揃って快勝と行きたかったのだが。
結果は知っての通り。

またもや後半開始直後の、しかも、一人相手が減った直後の失点。
続いていますね。魔の後半直後。
川崎戦。鹿島戦(点は入らなかったけど)。そして千葉戦。

さてさて終了後、浦和サポーター大ブーイング。
(私もしましたが・・・)
鼻っから快勝するつもりの浦和サポーターにとっては不満以外何ものでもありませんでした。巷では、闘莉王が客席睨んだとか。小野伸二造反処分。監督との確執。内部崩壊か?なんてやってますが・・・。

イライラしている浦和サポーターのみなさん。
心配などいりません!
浦和レッズは進化しています!

鹿島戦、千葉戦と特徴的なのは、
阿部、長谷部、鈴木の浦和のボランチトリオが攻撃的になっているのですよ。
千葉戦で批判を浴びた後半開始直後のドリブル突破&シュート。他でもゴール前に何度も顔を出していました。
阿部のロングラン&飛び込んでのシュート。
そして、鈴木啓太の鹿島戦、千葉戦の2得点にからんだ、左サイドのオーバーラップ。
特に千葉戦の啓太のアシストは永井バリでしたね。
昨年までのレッズにはなかったパターンです。

なんと言っても鈴木啓太がイイ!
マーキング、穴埋め等の守備は相変わらず質が高いのですが、最近啓太はキックの精度が上がってきたのか、周りが見えてきたのか、両足でとてもよい展開のパスを出すのですよ。見てて気持ちが良いです。

昨年までの浦和レッズはワシントン&闘莉王のチームだったのだと思います。
この二人に合わせてチームプランが作られていたと思います。

2007年の浦和レッズはちょいと違うようです。しかし、どうしたいのかが見えないのがこのイライラの原因と思います。

一つポイントは永井を使い続けていること。
さすがに他のチームもそうそうワシントンにやられ続ける訳には行かないでしょう。
これは、DFの裏を取るFWとワシントンと組み合わせたいのだと思うのです。
小野伸二、長谷部と優れたパサーも生きるのではないでしょうか。
エスクデロ、田中達也と楽しみはこれからです。

「エース」ポンテ、伸二と好調だし、相馬も復帰メドがたったようですし、これからですよ。

結局言いたいのは、得点を取る手段を増やしている最中なのではないかということです。バロメーターはワシントン以外にどれだけ得点を取る選手が増えるかにあるかと思います。昨年のように得点ベスト30にワシントンだけ・・・。を脱却するのが2007年度と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »