« 2006アウェイ鹿島戦でワシントンのサインを貰う!? | トップページ | シドニー戦に見た「怪我の功名システム」はFantastic! »

2007年3月14日 (水)

2007年レッズスタイル

オジェックに代わって、「何か変わるのだろうか?」という疑問があった。
「前年度優勝チーム」「メンバーも大きく変化なし」
このようなチームをどうするつもりなのか。「何もしない」という選択もあるのか。

レッズは
「完成型をみせずシーズンを終了した」
「シーズン途中から勝負に徹したサッカーとなった」
などと言われ、
「個人能力依存のリスクを負わないつまらんサッカー」などと言ってる輩もいる。

ゼロックスから新潟戦までの4試合で何か見えてきたか?
おそらくサポーターが一番心配なのは、「選手のコンディション」ではないだろうか。

特に心配なのはワシントンである。
相手に当たられるとすぐよろけ、ボールをキープできない。
なによりこれがチームにとっても痛い。

新戦力の阿部はどうか。
横FC戦の3バック中央は良かったと思う。高さはないが、ポジショニングと足元がしっかりしているので、見ていて安心できる。
しかし、ボランチの位置にいると「消えている」印象が強い。
鈴木啓太の役割は決まっている。しかし、阿部は中途半端ではないか。もう少し攻撃的に行って欲しい。期待しているフリーキックも1回も蹴らしてもらえない。うーん。

新潟戦。
すっかり引き立て役になってしまったが、オジェックが標榜しているサッカーが少し見えた気がする。伸二ポンテが見せるファンタジー。永井のドリブル突破と縦の動き。
そこに阿部がもっとからめればよいのだが・・・。長谷部の復帰に期待してしまう。
闘莉王のコンディションはまだまだのようだ。どこかいつもの執着心が足りない感じである。

オジェックが目指しているサッカーはけっこうスゴイかもしれない。選手の個人能力を最大限に生かし組織化された攻撃サッカー。
余裕のある強い守備&個人の能力を生かした連動ある攻撃。
サポーターも一喜一憂しないで期待しようではないか。

|

« 2006アウェイ鹿島戦でワシントンのサインを貰う!? | トップページ | シドニー戦に見た「怪我の功名システム」はFantastic! »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/14261433

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年レッズスタイル:

« 2006アウェイ鹿島戦でワシントンのサインを貰う!? | トップページ | シドニー戦に見た「怪我の功名システム」はFantastic! »