« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月24日 (日)

【浦和3-3磐田(PK10-9)】来た人勝ち組

皆様お疲れ様でした。

何が勝ち組かって言うと、「浦和レッズはPK戦で勝てない=勝負弱い」イメージがとても強いのですよ。しかし、今回のチーム全員が落ち着いて決めてくれたじゃないですか!なんて成長したのでしょうか。頼もしい選手達を見れたことが「勝ち組」なんですよ。PK戦で勝ったのは何時以来ですか?近くはチャンピオンシップ、ナビスコ決勝。遠くは国立鹿島戦。ことごとく優勝がかかった試合でのPK戦では負けてました。

0-2から追いついたことも凄かったですが、そもそもそれまでどうしてたのって感じでした。しかし、ゴール裏にいた多くのみなさんは感じたと思うのですが、0-2になったあと一気に動きが良くなったチームと、気合いがみなぎったゴール裏に変わりました。

最大の原因は小野伸二をトップ下へ、そして山田暢久を右に持っていったこと。伸二が入ったことでパスが回りだし、スカスカ感のあったゴール前が厚みが増しましたね。
山田の右サイドバツグンですね。攻撃の起点になるわ、山田得意のジワジワと圧迫するドリブルも有効でした(このドリブルがイライラする時もあるのですが)。右サイドの守備も一気に安定しましたね。さすがキャプテンですよ。

イマイチだったのはポンテ。どうもボールが納まらずカウンターの起点になってしまいました。

帰り道、「絶対酒井のPKやり直しをやり玉にあげて、審判に負けたなんて騒ぐんだぜ」と話していたのですがそのようですね。

岡田主審については色々ありますよ。「永井の明らかなゴールを無効」埼スタ恒例の「ふくにし君暴力行為退場」を逃れただけでもラッキーと思わないと。
ふくにし君など「浦和の岡田にやられた」なんてコメントしているらしい・・・。そんなチームに負けなくてよかった。

次は鹿島が勝ったおかげで「ホーム国立」となりました。
伸二の足の状態次第と思いますが、ぜひ先発トップ下でお願いしたいです。磐田戦のこともありますが、何しろ伸二は「鹿島戦に強い」ってことですよ。それからヤマを右に置いて安定を図ること希望です。相馬は賛否両論のようです。私は「いったれ!」と思っています。

天皇杯を勝つのはラッキーボーイ的存在が必要です。昨年はマリッチ、細貝、堀之内。今年は相馬、伸二、永井、細貝に期待したいです。

29日休み取っておいてよかった。また勝ち組かも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

ここ一週間の一浦和サポーター

みなさん優勝ボケは続いてますか?
かなりの浦和サポーターが以下の状態ではないでのでしょうか。

News


日曜日:翌日朝からコンビニ回ってスポーツ新聞買い漁る。埼玉新聞は販売店で購入。
月曜日:エルゴラ購入
火曜日:サカマガ、サカダイ購入
水曜日:エルゴラ購入
木曜日:サカマガ、サカダイ特別号購入
※まだ買い残しがあるかもしれん。

とニヤニヤしながら舐めるように読んでる浦和バカがごまんといるんでしょうね。
他サポーターや他監督の負け惜しみ&悪口コメントを見ても、「ハイハイそうですか」と優越感を味わう薬味にしか感じません。

私は優勝のプレッシャーからの解放で、一気に疲れが出てしまい風邪ひいてしまいました。(自意識過剰?)

天皇杯5回戦が延びてホント良かったと思えるサポーターの優勝ボケぶりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

「緊張」「不安」「憂鬱」いよいよ決戦の時・・・。

この一週間。「緊張」「不安」「憂鬱」に包まれ過ごしてきました。
サポーターやファンの中には「楽しみ!!」という方も多いようですが、私は最悪の事しか考えられませんでした。99年11月27日のトラウマなのでしょうか。でも求められている結果は全く違うものなのですが・・・。
こんなサポーターがけっこういるんじゃないのでしょうか。
「浦和の力を見せつけてやれ!」なんて気持ちにしたいのですが・・・。
どれだけ自分自身の事の方が楽なのか。なーんて子供の土壇場の事を思う親の気持ちと同じです。
自分が出来ることもただ一つです。それも同じですね。
ただただ勝利を願って応援することだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »