« ここ一週間の一浦和サポーター | トップページ | ギドありがとう! »

2006年12月24日 (日)

【浦和3-3磐田(PK10-9)】来た人勝ち組

皆様お疲れ様でした。

何が勝ち組かって言うと、「浦和レッズはPK戦で勝てない=勝負弱い」イメージがとても強いのですよ。しかし、今回のチーム全員が落ち着いて決めてくれたじゃないですか!なんて成長したのでしょうか。頼もしい選手達を見れたことが「勝ち組」なんですよ。PK戦で勝ったのは何時以来ですか?近くはチャンピオンシップ、ナビスコ決勝。遠くは国立鹿島戦。ことごとく優勝がかかった試合でのPK戦では負けてました。

0-2から追いついたことも凄かったですが、そもそもそれまでどうしてたのって感じでした。しかし、ゴール裏にいた多くのみなさんは感じたと思うのですが、0-2になったあと一気に動きが良くなったチームと、気合いがみなぎったゴール裏に変わりました。

最大の原因は小野伸二をトップ下へ、そして山田暢久を右に持っていったこと。伸二が入ったことでパスが回りだし、スカスカ感のあったゴール前が厚みが増しましたね。
山田の右サイドバツグンですね。攻撃の起点になるわ、山田得意のジワジワと圧迫するドリブルも有効でした(このドリブルがイライラする時もあるのですが)。右サイドの守備も一気に安定しましたね。さすがキャプテンですよ。

イマイチだったのはポンテ。どうもボールが納まらずカウンターの起点になってしまいました。

帰り道、「絶対酒井のPKやり直しをやり玉にあげて、審判に負けたなんて騒ぐんだぜ」と話していたのですがそのようですね。

岡田主審については色々ありますよ。「永井の明らかなゴールを無効」埼スタ恒例の「ふくにし君暴力行為退場」を逃れただけでもラッキーと思わないと。
ふくにし君など「浦和の岡田にやられた」なんてコメントしているらしい・・・。そんなチームに負けなくてよかった。

次は鹿島が勝ったおかげで「ホーム国立」となりました。
伸二の足の状態次第と思いますが、ぜひ先発トップ下でお願いしたいです。磐田戦のこともありますが、何しろ伸二は「鹿島戦に強い」ってことですよ。それからヤマを右に置いて安定を図ること希望です。相馬は賛否両論のようです。私は「いったれ!」と思っています。

天皇杯を勝つのはラッキーボーイ的存在が必要です。昨年はマリッチ、細貝、堀之内。今年は相馬、伸二、永井、細貝に期待したいです。

29日休み取っておいてよかった。また勝ち組かも。

|

« ここ一週間の一浦和サポーター | トップページ | ギドありがとう! »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/13183109

この記事へのトラックバック一覧です: 【浦和3-3磐田(PK10-9)】来た人勝ち組:

» 浦和 × 磐田 [みのる日記]
第86回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会 準々決勝: 浦和レッズ 3-3(PK10-9) ジュビロ磐田 (2006/12/23) ■ 天皇杯では不振の続く浦和と磐田 2006年度も早いもので、あと1週間で1年の終わりを迎えます。国内では年末でおなじみの天皇杯が開催されていて、この日はその準々決勝が行われました。 今回はその中で、念願のリーグ制覇を成し遂げたJ1チャンピオンの浦和と、なんだかんだ言って最終的に5位にまで順位を上げ... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 02時54分

« ここ一週間の一浦和サポーター | トップページ | ギドありがとう! »