« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

【浦和3-0甲府】今、日本最高のフットボーラーはこの男だ!

やまだのぶひさ」が「山田暢久」になってしまった。
あらためて言うが、明らかに顔が違うのである。とうとう覚醒してしまったのだ。

「縦横無尽」にピッチを駆け抜けあちこちで起点となり、ゴール前で3人抜きゴールを決めたかと思ったら、サイド深くでピンチを防いでいる、「変幻自在」にポジションを変えて相手を混乱させている。

各チームはなぜ山田暢久のやりたい放題、好き放題を止められないのか。
山田暢久のことは昔からみーんな良く知っている、長年の浦和のレギュラーとしか認識がないのだと思う。要はギドと魂が入れ替わったことに浦和サポーター以外は気付いていないのである。としか思えない。

恐らく今、日本最高のフットボーラー山田暢久は彼自身の手(足)で優勝を引き寄せるだろう。

さて甲府戦。
「どん引きナゴヤ」と違って、甲府は正面からぶつかってくるチームだった。前半は甲府に運動量で圧倒されて、こぼれ玉も拾われてタジタジの状態。「やるな甲府」と思っていたが、やはり決定的チャンスを作るのは浦和の方がうまい。しかし立て続けにPKを取ったがワシントンがことごとくはずす。うーん、やな感じと青ざめたが不思議と怒りやあせりは感じなかった。

後半早々、暢久からのクロスにワシントンの1点目。駆け寄って抱きつく選手達。私は涙が出てしまいました。ワシントンを信じて良かった。あの1点は、選手、サポーター全員がワシントンに取らせたい思いが伝わった「団結のゴール」だったと思います。しかも入れた時間が良かった。一挙にチームが活性化されて、ゲームを支配することができました。
結局ワシントンは前半の借りを後半にそっくり返してしまった。すごい奴だ。ほんとすごい奴だ。

Uni帰りに、選手が着るアンダーシャツに寄せ書きをとの案内があった。選手に悪くないかな。と思いながら私も書いてきました。

次、F東戦。
浦和レッズの伝説となるような予感がします。選手を信じて力一杯サポートしてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

【浦和0-1ナゴヤ】またしても「どん引きナゴヤ式」に

初の豊田スタジアムでした。

せっかく遠くまで行って少しはアウェイを感じさせて欲しいものですが、そうですね、カシマスタジアムでも行った感じですか。豊田の街も浦和サポーターが席捲していました。
スタジアム内でもバック側の半分、ナゴヤサポーターの横断幕は剥がされてしまい、すべてにおいて浦和サポーターが圧倒した感じでした。

試合でも、とてもホームゲームとは思えない、ゴール前に這いつくばるような相変わらずの「どん引きナゴヤ式」でした。中盤の守備もほどほどにゴール前に固まるナゴヤの選手達。売り出し中の本田選手もほとんど勝負せず。負けないためにプライドなど捨てた戦いぶりでした。

怖さを感じないナゴヤ。しかし、我らが浦和レッズもそんなチーム相手にシュートが入らない。結局わずか1回のチャンスをものにしたナゴヤに勝ち点3を持っていかれたお人好しになってしまいました。「どん引きナゴヤ式」にまんまとのってしまった歯がゆい試合でした。

ところで、心ない一部の浦和ファンのみなさん。優勝は最終節で決まるのが盛り上がるなんて思っていませんか。そんな甘さがこんなところに出てしまうものなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »