« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月22日 (日)

【浦和2-2川崎】スピーカー効果

みなさまお疲れ様でした!
ほんとヘトヘトに疲れてしまいました。これで勝っていれば疲れも飛んでいたのですが。

ロッソさんいつもながら素晴らしいビジュアルサポート敬服致します。世界中で様々なビジュアルサポートがありますが、「美しさ」ではこの埼玉スタジアム&浦和レッズが世界一ではないでしょうか。川崎の人文字は浦和のパルスにやられてシビレてしまったように見えました(笑)

ワシントンは凄かった。私がいる所(ゴール裏中央後方)から見ると、相手選手3人に囲まれているゴシャゴシャした中から、いきなりすーっと美しい軌道がゴールへ吸い込まれているように見えるのです。スローを見て、「あーそういうことなのね」と分かりました。このゴールでイケルと思ったのですが、このあと浦和ペースの間、追加点が取れなかったのが痛かった。

山田
のスルーパスから走りこんだポンテのゴール。これは美しかった。山田はこれであのミドルが決まっていたら、山田はまたまたMVPだったと思う。9月からの山田は素晴らしい。このまま活躍して浦和が優勝したら、JリーグMVPではないか?(ちと早すぎか・・・。)

PKは仕方なし。
問題は2点目。あまりにマヌケな失点だったと思う。かわされたアレックスも、ただ呆然と見送るだけの2列目からのヘディングシュートも。これは反省材料です。

次節闘莉王が出場停止。坪井も復帰は望めないアウェイ磐田戦。ここをどう切り抜けるかです。磐田のFWは高さはあまりないので、3バックは崩さず堀之内を中央に、右に内舘を入れてくるのか?当然この事は想定していたと思うので、ギドの腕の見せ所です。

私は審判問題については文句は言わないことにしていますが、川崎関塚監督の「川崎を勝たせたくない何かの力」発言が効いていたとしか思えません。効いていたのは、浦和選手の警告は仕方ないとしても、なぜ川崎側に警告が無かったかということです。「誰が見ても警告でしょ」「誰が見てもハンドでしょ」「誰が見てもバックパスでしょ」
明らかに基準のズレが生じていました。これは「関塚スピーカー効果」で川崎側に警告出しにくくなったとしか思えません。主審は無意識に「川崎側を緩やかにすることでバランスが取れる」と感じていたのかもしれません。川崎を責めるつもりはありません。ここは監督としてクラブとして、きっちり抗議をしておくべきと思います。これも戦いの一つと思います。対戦相手に「勝てる気がしない」埼玉スタジアムを作っていくためにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

【浦和2-0千葉】ぜいたく言えばきりがないけど

お疲れ様でした!
とりあえず運が良かったとは言え、結果としては最高でした。デフェンスラインはどうなるのか心配でしたが、結果的に闘莉王が出場したのが大きかった。(闘莉王交代後のゴール前空中戦がことごとくやられていたような・・・。)
ネネ。一番の注目でした。無難にやってくれたのではとは思います。

千葉は10人になってドン引き状態からカウンターを狙ったサッカーをしてきた。ボールを奪ったら人数をかけて一斉に上がってくる千葉のカウンターは非常に怖い。まんまとそれにハマりかけたところで2点目が入ったので良かったが、あそこまでシュートが入らないのにはイラついてしまった。千葉の決定力無さに助かったものだが、次の福岡戦良く考えて欲しいものです。

千葉戦のMVPは山田選手にあげたいです!縦横無尽に動き回り、あちこちに顔を出して攻撃の起点となっていました。前線からの守備、中盤の空中戦にはほとんど勝っていました。現在、山田選手は一番外せないと思います。

いやな予感がするのが、駒場福岡戦。ちょっと楽観視してないですかね。千葉戦の2点目以降はゴール裏もややヌルめとなっていませんでしたか?引き分けも許されない状況だということを肝に銘じたいです。(あの引き分けが痛かったとならないように!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

[浦和-5-1京都]恐れいていたことが・・・。

BS-iテレビ観戦でした。
現地サポーターの皆様熱いサポートありがとうございました!
久し振りの快勝でした。「やればできるじゃん!」ってな感じで、比較的余裕で見てられましたが・・・。

終了間際、「おいおい、坪井どうした・・・。」膝をかかえて倒れている坪井選手の横で×の合図・・・。何が起きたのかはテレビでは不明。「誰にやられたんだ!」状況が分からないのに早くも怒りモード・・・。
3~4週間の離脱。
恐れていました。日本代表戦含めてフル出場。攻撃陣と違って薄い守備陣。
闘莉王も怪我との報道・・・・。

まーしょうがいない。天皇杯も堀之内中心でタイトルを取った。次も堀之内真ん中でリーグ戦を取ってもらいましょう!
ネネ!!!!期待してます。
内舘!!!!頼むぞ!
細貝、近藤出番だぞ!
浦和レッズの誇りを見せてくれ!

大丈夫。奴らはヤル。


甲府やるね。ありがと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »