« 【浦和2-0千葉】ぜいたく言えばきりがないけど | トップページ | 【浦和0-1ナゴヤ】またしても「どん引きナゴヤ式」に »

2006年10月22日 (日)

【浦和2-2川崎】スピーカー効果

みなさまお疲れ様でした!
ほんとヘトヘトに疲れてしまいました。これで勝っていれば疲れも飛んでいたのですが。

ロッソさんいつもながら素晴らしいビジュアルサポート敬服致します。世界中で様々なビジュアルサポートがありますが、「美しさ」ではこの埼玉スタジアム&浦和レッズが世界一ではないでしょうか。川崎の人文字は浦和のパルスにやられてシビレてしまったように見えました(笑)

ワシントンは凄かった。私がいる所(ゴール裏中央後方)から見ると、相手選手3人に囲まれているゴシャゴシャした中から、いきなりすーっと美しい軌道がゴールへ吸い込まれているように見えるのです。スローを見て、「あーそういうことなのね」と分かりました。このゴールでイケルと思ったのですが、このあと浦和ペースの間、追加点が取れなかったのが痛かった。

山田
のスルーパスから走りこんだポンテのゴール。これは美しかった。山田はこれであのミドルが決まっていたら、山田はまたまたMVPだったと思う。9月からの山田は素晴らしい。このまま活躍して浦和が優勝したら、JリーグMVPではないか?(ちと早すぎか・・・。)

PKは仕方なし。
問題は2点目。あまりにマヌケな失点だったと思う。かわされたアレックスも、ただ呆然と見送るだけの2列目からのヘディングシュートも。これは反省材料です。

次節闘莉王が出場停止。坪井も復帰は望めないアウェイ磐田戦。ここをどう切り抜けるかです。磐田のFWは高さはあまりないので、3バックは崩さず堀之内を中央に、右に内舘を入れてくるのか?当然この事は想定していたと思うので、ギドの腕の見せ所です。

私は審判問題については文句は言わないことにしていますが、川崎関塚監督の「川崎を勝たせたくない何かの力」発言が効いていたとしか思えません。効いていたのは、浦和選手の警告は仕方ないとしても、なぜ川崎側に警告が無かったかということです。「誰が見ても警告でしょ」「誰が見てもハンドでしょ」「誰が見てもバックパスでしょ」
明らかに基準のズレが生じていました。これは「関塚スピーカー効果」で川崎側に警告出しにくくなったとしか思えません。主審は無意識に「川崎側を緩やかにすることでバランスが取れる」と感じていたのかもしれません。川崎を責めるつもりはありません。ここは監督としてクラブとして、きっちり抗議をしておくべきと思います。これも戦いの一つと思います。対戦相手に「勝てる気がしない」埼玉スタジアムを作っていくためにも。

|

« 【浦和2-0千葉】ぜいたく言えばきりがないけど | トップページ | 【浦和0-1ナゴヤ】またしても「どん引きナゴヤ式」に »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/12373895

この記事へのトラックバック一覧です: 【浦和2-2川崎】スピーカー効果:

« 【浦和2-0千葉】ぜいたく言えばきりがないけど | トップページ | 【浦和0-1ナゴヤ】またしても「どん引きナゴヤ式」に »