« 遅ればせながら | トップページ | (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる »

2006年8月13日 (日)

(浦和4-0FC東京)これで次もイケルと思うな

結果は4-0の圧勝。レッズサポーター大満足で帰途に着けたと思います。
前線からの積極的な守備で、一定ボールを持たれても、決定的なパスは出させなかったのが最大の勝因と思います。しかし、思うようにボールを動かせたのは2点目を取ってからであって、前半などはパスミスや連携ミスも多く、まだまだ攻撃の組み立てが雑な印象がありました。
そんな中で良かったのは、
小野伸二が積極的に動いてボールにからんだこと。
アレックスキレキレ!
平川の速さを生かせたこと。
田中達也の前線からのプレス、ボールを受けたら前を向く動きが素晴らしい。あの得点も引っ掛けないで、ニアに流し込むとはたいしたもの。

何にしても、小野伸二がもっともっと動いてボールにからんで前に走って欲しい。長谷部田中達也との連携でもっと攻撃が厚く、楽しいものになる予感がします。

それにしても後半のF東は怖かった。昨年駒場での柏戦(7-0)が頭をよぎってしまいました。F東の選手は1対1で相手に振り切られることが多くなり、結果バックチャージ連発。達也を骨折させた「無意味な逆切れチャージ」をしてこないかヒヤヒヤでした。

この試合は割り引いて考えた方がいいですね。甲府などとは違い、下位に低迷していることだけなく、モチベーションが低いクラブが相手だったわけですから。これで次もイケルと思ったら大間違いですよ。代表戦を挟んでの鹿島戦。この試合はサポーターも含めて、浦和レッズの力を出し切ることができるかが勝負と思います。

まずはコンディションですね。
皆様もお盆休み中の食べすぎ飲みすぎに注意ですよ!

|

« 遅ればせながら | トップページ | (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/11414739

この記事へのトラックバック一覧です: (浦和4-0FC東京)これで次もイケルと思うな:

« 遅ればせながら | トップページ | (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる »