« (浦和4-0FC東京)これで次もイケルと思うな | トップページ | (浦和1-2大分)負けて当然。首位の資格なし。 »

2006年8月20日 (日)

(浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる

代表戦で疲労している5人もピッチいて、アウェーでのこの結果ヨシとするか?でもなー・・・。
おそらく多くのサポーターは喜んでいいのか、口惜しがっていいのか、イマイチ煮えきれない感想を持ったのでは。

前半は積極的に前へプレスをかけてそれなりに有効なボールを回し、有利な展開をしていたが鹿島の最終ラインは堅かった。特に真ん中はことごとく弾き返されてしまった。ペナルティエリア外までは良い展開だが、有効なラストパスが出せずつぶされカウンターの起点となってしまった。
後半へ入ると浦和の選手の足が止まってしまった。ボールが追えなくなり、ボールを持っても周りが動かないので攻撃が停滞し、嫌な位置でボールを奪われカウンターをくらってしまった。
0-2。よりによって「ゴールにこだわらないFW」に点を取られてしまい、鹿島サポーターを大喜びさせてしまった(ただしサービスタイムは20分間だけでした)。

結果的に永井、相馬に代えてサイドを押し込んだことでパワープレーが生き、同点に追いつけたと思う。「緊急対応」のサッカーで敗戦を逃れた一戦だったということだと思う。

何より心配なのは選手の疲れ。新潟戦は酒井選手や永井選手、相馬選手を先発させたらどうかと思ってしまうのですが実際はどうなのでしょうか。一番心配なのはDF陣。特にケガが心配です。賛否あるようですがネネ復帰に期待しているのです。

しかし、カシマスタジアムでの鹿島戦は因縁が蓄積されてきますね。
①入場時の運営問題
配慮なしの入場運営→浦和サポーター怒る→運営側厳重警戒?→浦和サポーターさらに怒る。来年も続きがありそうですね。今回はまるで城を守るために城下町を迷路のように作った先人の知恵が生きているような入場口には呆れてしまいました。
②鹿サポの敵意剥き出し
Kahisma060819_1 手拍子と自分達の声で作り上げる浦和サポーター。一方鹿サポは、選手に対してではなく浦和サポーターに対してアピールする選手無人時の「ビックフラッグ紙芝居」「発炎筒」(画像参照)や桃太郎家来のサルやキジが持って歩いているような「日本一のぼり」にはやれやれです。この背景には、年々真紅勢力が圧迫する鹿島ホームスタジアムの危機がおかしな方向へ向いてしまったことにあるのではと感じます。


③ホームで浦和に勝てない鬼門となりつつある状況
さて来年はどのような展開が待ちうけるのでしょうか。

さて問題はそんなことより新潟戦。新潟は上位のガンバ、フロン、レッズと上位陣いじめのチームになっているようです。この前飲まされた煮え湯を今度は腹いっぱい飲んで帰っていただきましょう。

|

« (浦和4-0FC東京)これで次もイケルと思うな | トップページ | (浦和1-2大分)負けて当然。首位の資格なし。 »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/11524285

この記事へのトラックバック一覧です: (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる:

« (浦和4-0FC東京)これで次もイケルと思うな | トップページ | (浦和1-2大分)負けて当然。首位の資格なし。 »