« (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる | トップページ | なるほど1 「ボンクラ」 »

2006年8月30日 (水)

(浦和1-2大分)負けて当然。首位の資格なし。

テレビ観戦でした。
はじめに、大分で最後まであきらめずサポートしてくれた現地の皆様、ほんとうにありがとうございました。素晴らしいサポートでした。

それに引き換え、初めからヨレヨレの「先発」メンバー。負けて当たり前。
言いたいこと言います。

1.動けないなら出ないで欲しい。

2.何回も同じ事を繰り返す、負傷者がいる時の失点。

3.シュートを打つのは(打てるのは)ワシントンだけ(個人技で)。真ん中スカスカ、ペナルティエリアに向かってスルーパスを出す選手なし。

4.闘莉王が上がっても点は取れず。逆に穴を埋められなくなっている山岸頼みの守備。

5.ギド策なし。先取点を取られるとワンパターンパワープレー。点を取る形がなくなっている証拠。

次回、鈴木啓太、小野伸二出場停止。小野はともかく、啓太がいない試合をどうするギド。

派手で大雑把なサッカーは見たくない。当たり前のこと当たり前にやってくれ。

|

« (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる | トップページ | なるほど1 「ボンクラ」 »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/11688148

この記事へのトラックバック一覧です: (浦和1-2大分)負けて当然。首位の資格なし。:

« (浦和2-2鹿島)こうして因縁が作り上げられる | トップページ | なるほど1 「ボンクラ」 »