« 日本の誇りは保てたか | トップページ | 遅ればせながら »

2006年7月 1日 (土)

浦和レッズでよかった~オシム騒動より~

日本代表監督の選出が「空中戦」となってしまった。

契約が伴うビジネスでもあるので手続き上の問題もあるが、それより大きいのはビジネスでいう「商道徳」が欠けており、契約問題だけでは解決できない事になってしまった。発端は川渕チェアマンの「政治的駆け引き?」だが、なにより問題を大きくしてしまったのは、クラブとしてのジェフ千葉の姿勢である。ジェフサポーターが怒るのも無理もない。「なんでこんなことも分かってくれないんだ・・・。」という気持ちにあるのだろう。
以上のことが、このオシムの言葉に集約される。

「契約よりも大切なものがある。お互いの取り決め、握手、言葉を交わすこと。こういったものが最も大切だ」

ただ、ジェフサポーターにとっての救いは「オシムは分かってくれている」ということだ。結果的にオシムを追い込むことになってしまったクラブ、協会は反省すべし。

と対岸の火事を見物しているようでしたが、浦和レッズも人事の発表があった。クラブとしてのジェフ千葉と決定的に違うところは、犬飼さんの退任の言葉に集約される。

「・・・何よりも浦和レッズは「地域やファン・サポーターのもの」との信念で経営して参りました。特にいつでも力強く支援を下さったサポーターの皆さまには感謝してもし尽くせません。例えば試合での失点直後の「浦和レッズコール」には私自身、何度も勇気づけられました・・・浦和レッズはいつまでも皆さまのものです。

犬飼さんは何度もこの主旨のことを発言してきた。これは、何度もトップが口にして、組織(クラブ)に徹底してきた証なのである。それがクラブの理念となって動いていくのである。これが浦和レッズが支持され、愛され、強固な経営基盤を持つ源なのだということを他のクラブ、他のサポーターも早く気付いて欲しい思う。

さて、新社長の藤口さん。大きな実績を残した犬飼さんの後はプレッシャーと思います。我らも強烈に後押ししますのでがんばってください。

横山さんほんとうにご苦労さまでした。大変だったと思います。引き続き浦和レッズを支えてください。

|

« 日本の誇りは保てたか | トップページ | 遅ればせながら »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

批判されてるクラブの一サポですが、貴方がどの記事を参考に判断されたかはわかりません。が、クラブが何を反省するのか不明でしたのでコメントさせていただきました。
今回サポの怒りはクラブに向けられてはいません。クラブと歩調は一緒でした。
また
報道で「本人の意欲」とか発表されてますが、祖母井さんのコメント
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20060702-OHT1T00071.htm
とか、
http://nogomet.cocolog-nifty.com/hrvgo/2006/07/post_8c3b.html
にあるように、国内マスコミと悉く矛盾してるのです。
という訳で、会談の内容が完全公開されない限り、真相は藪の中。最悪、川淵が裏から手を回して古河経由の圧力をかけたか……なんて妄想すら抱いてます。
今回、国内マスコミの歪曲っぷりに辟易してます。すべて就任前提の「飛ばし」ばかり。選手コメントすら前後ぶった切りの都合のよいトコだけ、後は推して計るべし、です。見事に「板ばさみのオシム」「ごねる千葉」「代表万歳」の構図で統一されているのご注意を。

投稿: あの | 2006年7月 4日 (火) 22時11分

あの様

コメントありがとうございました。

>会談の内容が完全公開されない限り、真相は藪の中。

そうですか…。
私も気を付けているつもりですが、つい流されてしまったかもしれません。心情的にはジェフサポーターの気持ちは分かっているつもりです。いずれにしても、代表監督騒ぎは過去にもひどい事がありましたので、結果はどうあれきちんとサポーターに説明して欲しいものですね。

投稿: チーパパ | 2006年7月 5日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/10743835

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズでよかった~オシム騒動より~:

« 日本の誇りは保てたか | トップページ | 遅ればせながら »