« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月 1日 (土)

浦和レッズでよかった~オシム騒動より~

日本代表監督の選出が「空中戦」となってしまった。

契約が伴うビジネスでもあるので手続き上の問題もあるが、それより大きいのはビジネスでいう「商道徳」が欠けており、契約問題だけでは解決できない事になってしまった。発端は川渕チェアマンの「政治的駆け引き?」だが、なにより問題を大きくしてしまったのは、クラブとしてのジェフ千葉の姿勢である。ジェフサポーターが怒るのも無理もない。「なんでこんなことも分かってくれないんだ・・・。」という気持ちにあるのだろう。
以上のことが、このオシムの言葉に集約される。

「契約よりも大切なものがある。お互いの取り決め、握手、言葉を交わすこと。こういったものが最も大切だ」

ただ、ジェフサポーターにとっての救いは「オシムは分かってくれている」ということだ。結果的にオシムを追い込むことになってしまったクラブ、協会は反省すべし。

と対岸の火事を見物しているようでしたが、浦和レッズも人事の発表があった。クラブとしてのジェフ千葉と決定的に違うところは、犬飼さんの退任の言葉に集約される。

「・・・何よりも浦和レッズは「地域やファン・サポーターのもの」との信念で経営して参りました。特にいつでも力強く支援を下さったサポーターの皆さまには感謝してもし尽くせません。例えば試合での失点直後の「浦和レッズコール」には私自身、何度も勇気づけられました・・・浦和レッズはいつまでも皆さまのものです。

犬飼さんは何度もこの主旨のことを発言してきた。これは、何度もトップが口にして、組織(クラブ)に徹底してきた証なのである。それがクラブの理念となって動いていくのである。これが浦和レッズが支持され、愛され、強固な経営基盤を持つ源なのだということを他のクラブ、他のサポーターも早く気付いて欲しい思う。

さて、新社長の藤口さん。大きな実績を残した犬飼さんの後はプレッシャーと思います。我らも強烈に後押ししますのでがんばってください。

横山さんほんとうにご苦労さまでした。大変だったと思います。引き続き浦和レッズを支えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »