« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月23日 (火)

世間の空気と変わりゆく日本代表戦

日本代表23名が決定し、4年に1回「日本代表サポーター」「お茶の間サポーター」が湧き出てくる時が来た。ワイドショーでも日本代表の様子が報道され、この期間は私などより近所のおかあさん達の方がよっぽど「日本代表通」である。

職場でも「ワールドカップ楽しみでしょうがないんじゃないの?」なんてサッカー好きな私に声をかけていただいても、素直に「ハイ」と言えないのである。確かに楽しみには違いないのだけれど、なぜかムカッときてしまうのである。

一番気分が悪いのは、ワールドカップが終わったあとに聞かれる、「○○に比べてJリーグなんかレベルなど低くて見る気がしない・・・」などと言う「日本代表サポーター」「お茶の間サポーター」の連中である。これがまた、ちゃぶ台でもあったらひっくり返したくなるくらい腹が立つのである。

私も97年フランスワールドカップ予選は燃えた。チケット買うために徹夜して並んだ。青のポリ袋を大量に買って国立で配った。ウルトラスニッポンの紙吹雪運搬の手伝いもした。レッズサポーターも大挙して日本代表をサポートした。国立競技場は「男声」のニッポンコールが席巻した。

W杯予選中に行われた97年Jリーグ国立でのガンバ戦、ボロ負けしてゴール裏からブーイングのあとに沸き起こったのはなんと「ニッポン」コールだった。当時のサポーターの雰囲気がわかる出来事だったと思う。(今ではとても考えられないが・・・。)

彼らは日本代表を熱くサポートし、不甲斐ない試合には怒りを爆発させた。有名な最終予選国立での暴動もすごかったが、それより1次予選突破がほぼ決まっていた後の消化試合とも言えるオマーン戦、たしか1-1での引き分けで1次予選を突破を決めたのに、国立競技場の大ブーイングは凄かった。サポーターが言いたかったのは、「1次予選でこんなダメな試合で最終戦予選を勝ち抜けると思っているのか!」という不満であった。「よっぽどオマーンの方がいいサッカーしていた」とブツブツと言っていたのが「日本のサッカーをサポートするサポーター」達であった。

しかし今、彼らは日本代表戦から姿を消してしまった…。

代わりに、日韓W杯マスコミの扇動とともに現れたのが「日本代表サポーター」と「お茶の間サポーター」であった。サッカー日本代表というソフトは売れる。テレビを中心にマスコミは売りに売りまくった。

日本代表戦のゴール裏はひどい状況と聞いている。ボールがあっち行けば「キャー」こっちに行けば「ワァー」、CKFK時はフラッシュの嵐。応援なんかしてるとは思えないし緊張感もない。テレビで見ててもわかるのだから、現場はもっとひどいのでしょうね。ウルトラスニッポンの方々もさぞかし苦労している?のかなと思います。

それはそれでしょうがないことなのでしょうかね…。私が時代から取り残された頑固モノなのですかね。それならそれでいいのですが…。

さて気を取り直して、
アレックス、坪井、伸二出場欲しいです!VAMOS!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

浦和4-2エフマリ

久しぶりのいい天気でした。
顔と腕がちょっとヒリヒリ良い気分です。

4-0になったあと、いきなり悪くなりました。
4-2はいまひとつ納得できません。できれば4-0で終わるか、気持ち的には5-2(後半2-2)で終わって欲しかったです。エフマリ相手に贅沢ですか?いえいえ浦和サポーターの欲望は限りないのです。

賛否両論あると思いますが、永井選手が素晴らしかったと思います。
フォアチェックが効いていたし、3点目の平川へのパス、山田への2本のスルーパス。美しかったです。(やーまだ、どっちか決めろ)
加えて岡野選手。
年齢が重ねるとごとにうまくなっていくという、わけわかんないのが野人たる所以なのである。短い時間で最高のプレーを見せてくれました。

加藤選手。なかなかやるじゃない。都築ばりのキック、サポーターを沸かしたぞ。

細貝選手。体張ったね。かわいい顔してプレーは激しいねー。

相馬選手。エフマリ田中選手をチンチンにしたねー。君のプレーはレッズサポーター好みかも。

浦和は前線、中盤のチェックが早く、サイドの選手にスムーズにボールが渡れば「強い」「負けない」ということがよーくわかりました。

LA栗原選手は浦和のエースとなりつつあります。またお願いします。

さて次は川崎フロン垂れ戦。いい気になってる鼻柱を折ってやりましょう!

Vamos! Washington

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

【浦和4-0鹿島】ご機嫌です!

鹿戦翌日の月曜日、仕事で会議がありました。
その会議の責任者が一番最後に部屋に入り、私の前の席にドカッと座ったかと思いきや私を睨みつつ、
「今日は口が軽いだろー!」
一瞬??でしたが、すぐ意味が分かりました。
「いい思いさせていただきありがとうございましたー!雨に濡れた甲斐がありましたよー」
と言葉を返しました。
「ったく、ちくしょー・・・・・。はい始めます・・・・」
そうです、責任者の方は鹿島サポだったのです。
ふっふっふっ。選手のみなさまありがと。これだからJリーグは良いのですよ。こんな場面があちこちあるのでしょうね。

この試合で感じたことですが、nigoeさんに思いっきり同意です。
啓太と堀之内は浦和の心臓ですね。つくづく感じました。もっと言えば浦和のバック3人はすばらしい!日本代表もこの3人にしたら?

次はナビマリ戦。
今まで出れなかった選手が起用される楽しみがあるのがナビスコなんですよね。例えば相馬なんか・・・。おい出場停止かい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

【浦和0-2千葉】浦和の敵は浦和?

攻守に圧倒されました。
何より一番欠けていたのは、「ボールに対する執着心」「勝利に対する執着心」だったと思います。思い出させるのは、昨年長居でのセレッソ戦です。この時と丸っきり同じ状態でやられました。
オシムから「浦和の敵は浦和」と禅問答のような指摘を受けましたが、オシムは相手チームに対しては謙遜した態度を取るので、言いたいことは「いい気になるな」と言われたと思っています。
中断前の鹿島戦。この短い期間にどう切り替えてくるか、ギド監督の手腕が問われます。
我々も全力でサポートしましょう!


追記
待ち時間に話題になった「山形のだし」ってこれですよね?偶然にも我が家でもCOOPで買っていました。さっそく今日食べてみます。
Dashi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

埼玉スタジアムのおいしいモノ2

これは最近ヒデ坊がはまっているお店です。

「北インドカレー」です。
Kita






















確かにうまいです。
ひき肉ベースでピリリと辛く、リクエストするとスパイスをドバドバかけてくれるそうです。
大宮戦では、北入口広場に出店してました。

軽トラベースなので(黄色ナンバー)、お店の人は立てないんですよね。中腰状態で仕事をしてて、けっこう辛いかもしれませんね。

ここで苦言を一つ。
試合終わって出てきたところで、生ビールで乾杯というところでしたが、REDS BAR付近のお店はすでに売り切れ・・・。屋台で缶ビール買って来ました。ちゃんと冷えてました。
はっきり言って屋台のおじさんの方が、マネージメント上でもオフィシャルよりレベルは上と言うしかありません。

一考してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »