« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

【浦和2-0大宮】なんとなく勝ってしまった

大宮からすれば、
「けっこうボールまわせたし」
「そんなに攻められたわけでもないし」
「失点もミスからで、崩されたわけでもないし」
  ・
  ・
「でも負けちゃったんだよなー」

結局大宮はボールはまわせても、結局ゴール前までにたどり着けない迷路にはまってしまったのだと思いです。
実はギドは大宮をはめたのではないかと勘ぐっています。引き気味でボールを持たせて虎視眈々とボールを奪うことだけに集中して、奪ったら一挙にゴール前まで運ぶ省エネサッカーをしてたのでは。
浦和の3バックは凄い!
特に坪井くんはまるで獲物狙う黒ヒョウのような動きでボールにアタックして、あざ笑うかのように逃げていく(ボールに触らせない)。
それにしても堀之内のストライカーぶりにはあきれてしまいます(笑)

さて正念場。千葉戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

埼玉スタジアムのおいしいモノ

最近埼玉スタジアムでは色々なお店が増え始め、試合が始まるまでの時間を楽しく過ごせるような配慮が感じられます。私がこれはイイ!と思ったものを紹介します。

「元祖横浜カレーパン」

Curry




















これはうまかったです!
何が良いかっていうと「パンがうまい」ということと、「温かいまま食べれる」ということと思います。もちろん中に入っているカレーもおいしいですよ。辛さは、辛いのが弱い私が丁度良い加減。子供には少し辛いかな?

実はうまいのはカレーパンだけではありません。あんこが中に入っているお餅に胡麻をたくさんまぶしたパン生地で包んで揚げた・・・。うーんなんていう名前だったか。初めて食べましたが気に入ってしまいました。リピーターになります。

カレーパン3個。胡麻揚げ餅?2個のセットで750円だったかな。

さて、次に、このカレーパンを持って落ち着いた先はココ。


「タリーズコーヒー」
Tullys


















店の前に椅子とテーブルがあり、ゆっくりとコーヒーを飲みながらカレーパンを頂きました。さすがにここのコーヒーはうまいです。ホットコーヒー320円とややお高めですが、つい2杯飲んでしまうのですよ。ビールもあるので満足できます。

しかし、この場所穴場?けっこう空いててゆっくりできます。

ぜひみなさんもお試しあれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

【浦和3-0京都】良かったのは勝ち点3を取ったこと

ちょっと厳しい見方かもしれませんが、不安が残る試合でした。
何が不安かというとナゴヤ戦から問題点が根本的には解決していないことです。


特に気になるのは、「ワシントンの孤立」です。ワシントンのコメントにもあったように、「1トップだと、やはり周囲のサポートがないと厳しい。」とうことです。にも関わらず2点決めたワシントンがすごいというのか、京都が甘いというのか。囲まれたワシントンにボールを出す選択肢が多すぎて、ワシントンが簡単にボールをさばけない状況ができている気がするのです。
個人的には、いつか2トップにするとか策を施さないと破綻する気がしてなりません。「いいだのカレン状態」だけは避けたいものです。

もう一つは
「カウンターにキレがない」ことです。もちろん、エメがいたころのレッズを指しているのはないですが、カウンター時にもう一人走れる人が欲しいですね。田中達也、永井の復帰で解決できるとは思うのですが。

次は清水戦。これまでの連勝立役者のDF3人+啓太の疲労が心配です。コールリーダーさんも言ってましたが、これからが勝負ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

【浦和1-0福岡】ホッとしたとしか言いようありません

テレビ観戦でした。
勝って良かった。ただそれだけの試合でした。
ナゴヤ戦に引き続き相手はドン引き戦法でしたが、気迫がこもっていました。それに引き換え浦和はミスも多く手詰まりで「気迫負け」していました。
「おいおいまた0-0か?」どころか後半などはキモを冷やす場面が多かったです。

・クリアミス多し
・イーブンボールに対して競い負け多し
・囲まれたワシントンに出し過ぎ
・乱暴なマークにカリカリ冷静さなし
・うまくやろうとしてるのか勝負しない

もう一度出直したほうがいいかもしれません。

岡野の気迫こもったプレーがロスタイムの勝利を呼び込んだのではないでしょうか。浦和に足りなかったのは岡野のようながむしゃらさではなかったでしょうか。

「いい気になるな!
これが福岡が教えてくれたことでした。

闘莉王ありがとう!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年4月 3日 (月)

【浦和0-0名古屋】ドン引きナゴヤ式

浦和美園駅までの嵐は冷たかったですね・・・。
みなさま風邪ひきませんでしたでしょうか。

初めから引き分け狙いだったようで、ナゴヤのシステムは7-2-1。ゴール前体を投げ出し、這いつくばるようにゴールを防ぐナゴヤの選手達。終了間際は時間稼ぎ。試合終了後は引き分けで大盛り上がりのナゴヤサポーターと選手。ガックリと浦和サポーターと選手。まんまと「ドン引きナゴヤ式」にはまってしまいました。プライドもなく「勝利に値する!」なんて言ってるかもしれませんね。
後半は2~3人付いているワシントンへのロングボールが多くなり、さすがのワシントンもキープもままらなかったですね。あれではだめですよ。あれだけドン引きされたのに、ミドルシュートが少なかったのも気になります。

これからナゴヤみたいなチームが出てくるかもしれません。日本サッカーのためにも「ドン引きナゴヤ式サッカー」を打ち砕いていくのが浦和の使命と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »