« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

【浦和3-1横浜 12試合無敗かい!?】

皆様昨日はお疲れ様でした!
天気も良かったし、浦和の快勝で気分良かったですね。今日は1日新聞見て、録画見て、ネット見て、明日はエルゴラ見て楽しんでいる浦和サポーターが何万といるでしょうね。

前哨戦第1ラウンドとして、浦和ジュニアユースが兄のユースばりのサッカーで横浜に勝ちました。結果は2-1でしたが、内容は横浜を翻弄していました。浦和のU-13&15のチームは見ていて楽しいサッカーしますね。将来のトップチームにぜひ上がってきて欲しいものです。

前哨戦第2ラウンドは、ダンマクの張り位置の争いでした。結果は浦和サポーターの言い分が通りました。
通常はバック2階は横浜エリアなので、横浜運営側は当然ダンマクも横浜エリアとしてアナウンスをしており、横浜サポーターはその「ルール」に則ってダンマクを張ったのです。しかし、それはあくまでも浦和戦以外の「常識」。日産スタジアムを半分埋めてしまう浦和サポーターにとってはそんなの「非常識」。と平行線となってしまいました。(新潟スタジアムでも似たことが起こりますね。)


そこで、浦和サポーターは横浜のダンマクを剥がしてしまい、1階席まで落としてしまう強行な手段で訴えました。もちろん、横浜サポーターも黙ってはいません。もみ合いになり一触即発ムードとなってしまいました。
yokohama1













もめにもめた後、結局バックスタンドの半分まで浦和のダンマクに張り替えられました。
yokohama2










大事にならず良かったですが、横浜運営側はそろそろ状況は把握して、きちんと「プロの仕事」をしてください。少しは横浜サポーターの気持ちを考えてあげて下さい。横浜サポーターよく我慢しましたよ。

さて試合ですが、
「恐怖の左翼ブラジルトライアングル」を堀之内、啓太、山田の「恐怖のプレッシング浦和トライアングル」押さえ込んでしまったのが大きな勝因だったのではないでしょうか。マルケスは左ライン際で囲まれて、デュトラは後方で沈黙。マグロン目立たず。久保は坪井に押さえ込まれて頭数にも入らない状況でした。坪井は絶好調ですね。あのスピードは魅力です。また、闘莉王もゴール前制空権を完全に掌握してしまい、セットプレーやロングボールに対しても圧倒していました。

ジーコが見に来ていましたが、「闘莉王の方が全然強えーな・・・。」と思ったことでしょう。
攻撃は見ての通り、個人の特長が良く出ました。でも、もう少し早く3点目を入れて、試合を決めることができなかったのが反省点です。

うっちーに対するギドの信頼感は高いですね。確かに終盤うっちーが出て来て安定感が増しますね。昨日もこぼれ玉を次々と奪取して、さらに浦和ペースになりました。

知ってました?昨年から12戦無敗だったこと。不吉なこと書くんじゃねー

さて、頭を切り替えて次です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月19日 (日)

第3節を終了して

第3節を終わって2勝1分となりました。様々な評価が飛び交っていますが、「去年は出だしのつまづきが痛かったのでまずまず」という見方も多いと思います。
現在の成績と昨年の同時期の成績を比較してみると良く分かります。(Jリーグ公式サイト参照)

セレッソは去年も第3節時点で最下位。出だし好調なのはFC東京でした。まー今の清水みたいなものですかね。
あらためて見ると、浦和は第8節時点でもまだ1勝しかしておらず、ペケ2だったのが思い出されます。みんなよく怒らず我慢してたと思いますね。

さて次はセレッソ戦。
前半の山場はマリノス戦だという論調も目にしますが、私にとっての山場はセレッソ戦なのです。いいんですよマリノスは。ロングボールばかり蹴って逃げてばかりでまともにかかって来ないんだから。対戦相手としてはつまらないチームです。それに引き換えセレッソときたら、昨年、駒場で西澤に遊ばれ(しかも「今日は調子悪かった」なんて言われた)、暑い長居でコテンパンのボコボコにやられているのですよ。この借りはきっちり返さないと気が済まないのですよ。

気持ち的にはセレッソには5-1ぐらいで、次節はマリノスには1-0で。しかもPKの得点でつまらない試合で終わりにしちゃうのが希望です。がんばりましょう!

--------------------------------------------------------------------------

2006Jリーグ 【第3節】 総得点:96 試合平均得点:3.56

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差

1 横浜F・マリノス 9 3 3 0 0 10 2 +8
2 清水エスパルス 9 3 3 0 0 5 0 +5
3 浦和レッズ 7 3 2 1 0 8 3 +5
4 川崎フロンターレ 6 3 2 0 1 13 3 +10
5 アルビレックス新潟 6 3 2 0 1 4 7 -3
6 ガンバ大阪 4 3 1 1 1 8 5 +3
7 大宮アルディージャ 4 3 1 1 1 6 5 +1
8 大分トリニータ 4 3 1 1 1 4 4 +0
9 ヴァンフォーレ甲府 4 3 1 1 1 3 4 -1
9 名古屋グランパスエ 4 3 1 1 1 3 4 -1
11 鹿島アントラーズ 4 3 1 1 1 4 6 -2
12 アビスパ福岡 3 3 0 3 0 4 4 +0
13 FC東京 3 3 1 0 2 2 3 -1
14 ジェフユナイティッド千 2 3 0 2 1 6 8 -2
15 ジュビロ磐田 2 3 0 2 1 3 5 -2
16 サンフレッチェ広島 1 3 0 1 2 5 9 -4
17 京都パープルサンガ 1 3 0 1 2 4 12 -8
18 セレッソ大阪 0 3 0 0 3 4 12 -8

--------------------------------------------------------------------------

2005Jリーグ 【第3節】 総得点:77 試合平均得点:2.86

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差

1 FC東京 7 3 2 1 0 6 1 +5
2 鹿島アントラーズ 7 3 2 1 0 6 3 +3
3 大宮アルディージャ 7 3 2 1 0 4 1 +3
4 横浜F・マリノス 6 3 2 0 1 7 4 +3
5 名古屋グランパスエ 5 3 1 2 0 6 3 +3
6 東京ヴェルディ1969 5 3 1 2 0 4 3 +1
7 ヴィッセル神戸 4 3 1 1 1 5 4 +1
8 ガンバ大阪 4 3 1 1 1 5 6 -1
9 ジュビロ磐田 4 3 1 1 1 2 4 -2
10 ジェフユナイティッド千 3 3 0 3 0 6 6 +0
11 清水エスパルス 3 3 0 3 0 2 2 +0
11 サンフレッチェ広島 3 3 0 3 0 2 2 +0
13 大分トリニータ 3 3 1 0 2 3 4 -1
14 アルビレックス新潟  3 3 1 0 2 3 9 -6
15 川崎フロンターレ 2 3 0 2 1 6 7 -1
16 柏レイソル 2 3 0 2 1 4 6 -2
17 浦和レッズ 1 3 0 1 2 3 5 -2
18 セレッソ大阪 0 3 0 0 3 3 7 -4

------------------------------------------------------------------

2005Jリーグ 【第8節】 総得点:213 試合平均得点:2.96

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差

1 鹿島アントラーズ 22 8 7 1 0 17 6 +11
2 名古屋グランパスエ 17 8 5 2 1 16 8 +8
3 サンフレッチェ広島  13 8 3 4 1 11 6 +5
4 大宮アルディージャ 13 8 4 1 3 13 11 +2
5 ジェフユナイティッド千 12 8 3 3 2 19 16 +3
6 川崎フロンターレ 11 8 3 2 3 16 13 +3
7 横浜F・マリノス 11 8 3 2 3 13 11 +2
8 セレッソ大阪 11 8 3 2 3 10 11 -1
9 ガンバ大阪 10 8 2 4 2 15 16 -1
10 FC東京 10 8 3 1 4 10 11 -1
11 柏レイソル 9 8 2 3 3 9 11 -2
12 東京ヴェルディ 9 8 2 3 3 14 17 -3
13 大分トリニータ 9 8 3 0 5 10 14 -4
14 アルビレックス新潟  9 8 2 3 3 9 15 -6
15 清水エスパルス 8 8 1 5 2 6 7 -1
16 ジュビロ磐田 8 8 2 2 4 7 12 -5
17 浦和レッズ 7 8 1 4 3 10 11 -1
18 ヴィッセル神戸 5 8 1 2 5 8 17 -9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

【浦和3-1磐田】結果は良かったけど…。

良い天気でしたね。そして入場者数56,512人とホーム開幕戦として最高の環境の中でで試合が行われました。

良かったところ
DF陣良い出来だったと思います。(でももっとラインあげてもいいような・・・。)
坪井選手。抜群です!鋭い出足で相手に前を向かせない守備でいいだ攻撃陣を封殺しました。
堀之内選手。見てて安心。安定していました。もちろん副業のストライカー活動も忘れていない。セットプレーの時はエース扱いですね。
闘莉王選手。美しいゴールでした。何度見てもいいですね。守備でも圧勝でした。
鈴木啓太選手。第1戦に続き大奮闘。ちょっとレギュラーはずせないですよ。
アレックス選手。キレキレでしたね。ゴールもさることながら、ドリブル突破、守備共にも素晴らしかったです。いつもこれなら日本代表はアレックスで決まりです。

心配なところ
やっぱり何かちくはぐのような気がするのです。攻撃から守備へ、守備から攻撃への切り替えがスムーズでなく連動性が弱い感じがするんです。スピード感がないというのか、カウンターにもキレがない。個人の能力だけで攻めている感じがします(それはそれでいいのですが・・・。)
シュートが少ない。それが昨年までの浦和との違い。多ければいいというわけではありませんが、攻撃の迫力、怖さがなくなってしまった感があります。前にいる伸二がシュート打たない(打てない)のが少ない原因の一つですね。
最後の失点。反省してください。さすが名波選手。なめるなよってとこですか。


期待するところ
伸二はキープしたり、散らしたりして、時にスペースにミドルパス、そしてダイレクトのスルーパスなど変幻自在にゲームを作っていく事が秀でている選手だと思うんです。だからやや後ろの位置にいると生きると思うのです。だから今回も長谷部とポジションチェンジしてからの方が生き生きとしてました。それが長谷部の動きにも良い影響があったと思うのですよ。
相馬選手。私は浦和レッズにぴったりの選手だと思いました。もっと試合に出て欲しいですね。ちょっとびっくりしたのは、ギドの交代の順番です。左サイドは、アレックス>平川>相馬なんですか?細貝選手も含めるとどうなるのでしょう?
ワシントン選手。録画見てわかりましたが、うまいですね。

第1戦よりは良かったと思いますが、65点くらいですか?磐田に3点取って勝って満足しないなんて、我ながら欲望は限りないものですね。

次もがんばりましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月 6日 (月)

【サッカーai増刊】浦和レッズ特集

サッカーai
それは決して私達おじさまが触れてはいけない禁断のサッカー雑誌・・・。
と躊躇しながら(笑)【サッカーai増刊】URAWA REDS GO AHEADを買ってみました


ベースは開幕に向けて語る選手インタビューが中心です。
ギド・小野・黒部がロングインタビュー。その他主要選手12人の取材が掲載されていました。まあまあの読み応えです。(黒部いい奴)

興味を惹かれたのは、浦和レッズスタッフのインタビューです。犬飼社長、中村GM、村松マネージャー、宮崎スカウトのインタービュー、加えて懐かしや広瀬ユース監督、名取jrユース監督のインタービューまでありました。2冠を達成した名取監督率いるjrユースチームについてはもう少し突っ込んで聞いて欲しかったものです。また、中村GMの移籍裏話は興味惹かれました。

しかし、さすが「サッカーai」
選手ならまだしも、スタッフの写真も超どアップ。社長がジャージ姿でアイドル気取りで写っている写真などやや失笑。

表紙もいつもの「サッカーai」を感じないので、おばさま、おじさまでも買えますよ。950円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

【浦和1-1G大阪】出直しですね

どうも期待が大きいせいか、長年染み付いていた負け犬魂のせいか、悲観的な感想を持ってしまうのです。(テレビ観戦)

良かったところ
山田キャプテン好調です。切れ味良かったのでは。でもちょっと後半引き過ぎのような。
鈴木啓太がんばった。中盤で孤軍奮闘の感。
都築安定感あり。
DF3人坪井堀之内闘莉王人まーまー良かったのでは。でもまだ引き過ぎのような。オフサイド取れない。ところでストライカー堀之内と得点王闘莉王。ガンガン上がってさっそくゴール狙ってましたね。

だめだったところ
攻めと守りが分離してしまっている。どこでボール奪いたいんだ?ボール奪ったら、次どうしたいんだ?意図がよくわからないのですよ。そこで中途半端に持ちすぎで取られておしまい伸二ポンテ。後半は消えてしまった。

中盤とサイドの連携悪し。それでも山田キャプテンは自分で打開してチャンスを作れたが、アレックスは加地とのマッチアップに終始してしまった。失点はアレックスだけのせいではないと思います。

長谷部。お疲れ?あんなのオレでも入れられるぞ!?

ガンバ大阪について
加地は目立っていたねー。ガンバは中盤と両サイの連携が良く取れていて、スムーズにサイドが上がり、スムーズにボールが出ていた感じがします。中盤のパスワークに加えてサイドからの攻撃も増えて、迫力はやや無くなりましたが、バランスが良いチームになったと思います。これで、マグノが生きて来たら怖いチームなりますね。
フェルナンジーニョ今年もいやな選手ですね。途中交代しましたが、あー良かったって感じです。持ち過ぎ批判はあるようですが、ガンバには不可欠な選手だと思います。

個人的には、浦和は2トップがいいな。慣れていないせいか、なんかいらいらするんですよ。ワシントンだけだと足元に出すしかなくて、囲まれておしまいってことになりがち。それでも、ワシントン起点に誰か走り込む選手がいればいいのですが、小野伸二はあまり得意でないのですよ。結果、スピード感が無いチームになってしまったような気がします。

ギドにお願い。
疲れていない、調子のいい選手を使ってください。小野伸二、長谷部でもはずす采配をお願いします。

1週間みっちり練習して改善お願いします。

内舘選手お帰りなさい!今シーズンもよろしく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »