« 第3節を終了して | トップページ | 【浦和0-0名古屋】ドン引きナゴヤ式 »

2006年3月26日 (日)

【浦和3-1横浜 12試合無敗かい!?】

皆様昨日はお疲れ様でした!
天気も良かったし、浦和の快勝で気分良かったですね。今日は1日新聞見て、録画見て、ネット見て、明日はエルゴラ見て楽しんでいる浦和サポーターが何万といるでしょうね。

前哨戦第1ラウンドとして、浦和ジュニアユースが兄のユースばりのサッカーで横浜に勝ちました。結果は2-1でしたが、内容は横浜を翻弄していました。浦和のU-13&15のチームは見ていて楽しいサッカーしますね。将来のトップチームにぜひ上がってきて欲しいものです。

前哨戦第2ラウンドは、ダンマクの張り位置の争いでした。結果は浦和サポーターの言い分が通りました。
通常はバック2階は横浜エリアなので、横浜運営側は当然ダンマクも横浜エリアとしてアナウンスをしており、横浜サポーターはその「ルール」に則ってダンマクを張ったのです。しかし、それはあくまでも浦和戦以外の「常識」。日産スタジアムを半分埋めてしまう浦和サポーターにとってはそんなの「非常識」。と平行線となってしまいました。(新潟スタジアムでも似たことが起こりますね。)


そこで、浦和サポーターは横浜のダンマクを剥がしてしまい、1階席まで落としてしまう強行な手段で訴えました。もちろん、横浜サポーターも黙ってはいません。もみ合いになり一触即発ムードとなってしまいました。
yokohama1













もめにもめた後、結局バックスタンドの半分まで浦和のダンマクに張り替えられました。
yokohama2










大事にならず良かったですが、横浜運営側はそろそろ状況は把握して、きちんと「プロの仕事」をしてください。少しは横浜サポーターの気持ちを考えてあげて下さい。横浜サポーターよく我慢しましたよ。

さて試合ですが、
「恐怖の左翼ブラジルトライアングル」を堀之内、啓太、山田の「恐怖のプレッシング浦和トライアングル」押さえ込んでしまったのが大きな勝因だったのではないでしょうか。マルケスは左ライン際で囲まれて、デュトラは後方で沈黙。マグロン目立たず。久保は坪井に押さえ込まれて頭数にも入らない状況でした。坪井は絶好調ですね。あのスピードは魅力です。また、闘莉王もゴール前制空権を完全に掌握してしまい、セットプレーやロングボールに対しても圧倒していました。

ジーコが見に来ていましたが、「闘莉王の方が全然強えーな・・・。」と思ったことでしょう。
攻撃は見ての通り、個人の特長が良く出ました。でも、もう少し早く3点目を入れて、試合を決めることができなかったのが反省点です。

うっちーに対するギドの信頼感は高いですね。確かに終盤うっちーが出て来て安定感が増しますね。昨日もこぼれ玉を次々と奪取して、さらに浦和ペースになりました。

知ってました?昨年から12戦無敗だったこと。不吉なこと書くんじゃねー

さて、頭を切り替えて次です。

|

« 第3節を終了して | トップページ | 【浦和0-0名古屋】ドン引きナゴヤ式 »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。

気分が早いことは十分承知しているつもりですが、一昨年の2ndステージのように、このまま突っ走ってほしいと思っています。

次の名古屋戦も勝ちましょう!

投稿: ☆たまも | 2006年3月26日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/9267034

この記事へのトラックバック一覧です: 【浦和3-1横浜 12試合無敗かい!?】:

» 【J1第05節】 浦和レッズ(Away) 3-1 横浜Fマリノス(Home)@日産スタジアム [flexiblog]
【J1第05節】 浦和レッズ(Away) 3-1 横浜Fマリノス(Home)@日産スタジアム 43' [1-0] Nobuhisa YAMADA 48' [2-0] WASHINGTON 89' [2-1] Ohshima 89' [3-1] Makoto HASEBE 快勝。そして奪首。 先制するまではどちらに転んでもおかしくない展開だったけれど、暢久...... [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 19時31分

« 第3節を終了して | トップページ | 【浦和0-0名古屋】ドン引きナゴヤ式 »