« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

【天皇杯準決勝~決勝へ】とうとうこの日が来ました!

とうとうこの日が来ました。
タイトルの価値としてはJリーグ>天皇杯かもしれませんが、「元旦国立決勝」という特別はシチュエーション、数十年間日本サッカー最大イベントだったという感覚が根強く残っていて、その場にサポーターとして立てることがとてもうれしく、誇らしく、晴れやかな気分です。いつもは勝負には悲観的なのに、もう勝つと思い込んでいる自分にも不思議です。決して浮ついているのではありません。初めてタイトルを取ったナビスコ決勝の時と同じ気持ちです。

さて、大宮戦。
18番の18番が出ました。
ポジショニングの良さと相手を振り切る巧さで、またまた頭で決めました。今まで浦和の選手でクロスに対して頭で合わせて点を取るタイプっていなかったような。浦和の攻撃の幅を広げていますよね。頼もしいです。

大宮の1点目。FK凄かった。あれはしょうがない。狙ってできるもんじゃないですね。

長谷部選手の2点目。あそこにいたということがすばらしい。

大宮ロスタイムのゴール。
延長がたっぷりあるので、意外とショックは少なかったが、浦和がやられるパターンを見たような気がします。(清水は絶対ゴール前にロングボールばんばん上げてくる気がする)

山田の決勝点。あのゴール、F東戦のゴールと似てませんか?左45度からコントロールされたループ気味のボールをファーのサイドネットへ狙ってのゴール。もしかして、山田選手は何かをつかんでしまったのかもしれません。

とどめは長谷部選手のドリブル&ゴール。
日本代表では小笠原選手と比較されそうですが、小笠原選手より優れている所はあれができることなんですよ。そうです。一人で突破できる怖さがあるんですよ。私は日本代表チームに足りない部分がそこだと思います。

元旦決勝。キーマンは堀之内だと思っています。
清水は守備固めてチョ ジェジンの頭を狙ってアーリークロスやロングボールを放り込んでくる気がします。そこで必要なのが堀之内の踏ん張り。ついでにゴールもぶち込んで欲しいですね。私たちも必死にサポートします。チョ ジェジン完封して点取って、MVP取って欲しいです!(天皇杯MVPってありましたっけ?)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月25日 (日)

【天皇杯準々決勝】浦和2-0川崎

皆様寒い中お疲れ様でした。
勝てて本当に良かったです。

エルゴラッソを見ると「因縁の対戦」として書かれていました。浦和側としては今のところ特に「因縁」を感じませんが、川崎側にとっては前回の試合、審判の判定を巡る「因縁」があるようです。因縁はモチベーションが上がる良いスパイスになりますが、審判関連の「因縁」ならつまらないので早く忘れたほうが良いかと思います。

12241 浦和側モチベーションは「マリッチと元旦国立へ行くんだ!」が強く、試合前から「マーリッチ、マーリッチ」の大コール。クロアチア国旗、クロアチア代表ユニフォームで馴染みがある赤白市松模様フラッグが数多く掲げられました。


浦和側布陣の注目は坪井、堀之内、細貝の3バック。特に細貝は初スタメンで本職でないストッパーへ。
川崎はボールを奪うとすぐに縦にFWに当て、細貝サイドに振り、フッキがドリブル突破しいてく場面が多く、何回かはゴールライン際で細貝が抜かれたこともありました。しかし、堀之内、坪井は落ち着いていた。そう、落ち着いていたという言葉がピッタリ来るような、ピッチでの振舞いでした。
結果としてこのDFの3人が良く踏ん張った!今日のMVPはこの3バックだと思います。
特に堀之内。すばらしいゴールでした。この男は実はファンタジスタなのではと最近疑っているのです。闘莉王いなくてもお前の力でタイトルもぎ取ってくれ!
ここへ来て絶大な人気を誇っているマリッチ。プレースタイルは浦和サポーター好みでないのだけれど、人間として浦和サポーター好みの選手なんだと思います。うちのリーダーも「ワシントン取って、マリッチ切るとはなんだ!」えらい剣幕です。個人的には「ワシントン取っても、マリッチもいたっていいじゃない」と思うんですが・・・。ダメですか社長。

私は川崎の選手コメントを読んで、とてもフシギな照れを感じてしまいました。
○寺田周平選手
 「・・・セットプレーで取れるチームは上位にいますね。・・・」

○伊藤宏樹選手
 「浦和は、ボール回しがうまく、ラインを下げざるを得なかった」

ほんと?ほんとにそんな事思っているんですか。浦和レッズがそんなこと言われるなんて・・・・。川崎強いなー。浦和なんかまだまだダメだなーといつも思ってるのですが。よくも勝ったよなー。ってカンジなのですが。

試合終了後、浦和レッズは粋な計らいをしてくれました。こんなことが書かれた横断幕を手に挨拶に来てくれました。
Merry X'mas to All Reds Supporters
「手がかかるドラ息子にこんな事言ってもらえるなんて・・・(涙)」
と母親な気分でした。

最後に印象に残ったことは、BOYSのコールリーダーが、
「奴は次の契約もないのに、このクリスマスイブに、俺達のためにやってくれてるんだ!その気持ちに俺達も応えようぜ!」
といった主旨の事を話していた。
もちろんマリッチのことで、マリッチにはみんな心打たれている。
私が印象的だったのは「俺達のため」という言葉。選手やクラブを支えるのがサポーター。しかし「俺達のため」という実感があまり感じたことはないのだが、「マリッチの闘志」「横断幕」にそれがとても感じられ、とてもいい気分となりました。

さて次は大宮戦。
「簡単に勝てると思ったら大間違いだ!」
※すみません12/29休ませてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

「スペイン風邪」にかかった大先生

とにかく【スペイン風邪】にかかった大先生(金子達仁大先生、馳星周大先生等)が言うことには凄みがある。

まずすごいと思ったのは、ボクシング亀田興毅選手の「大口ケンカトーク」とJリーグ会場における「得点アナウンス」を同列に並べて、「プロ意識」の比較をしていることである。
「亀田選手のトークに比べて長居競技場のサービスは悪いなー」と思ったことがすごい。【スペイン風邪】の恐ろしさの一つである。

次にすごいと思ったのは、以下のお言葉である。
「他会場での得点経過を随時場内アナウンスで流す」
       ↓
「目の前で行われている試合に興奮しつつ、チャイムが鳴るたびに期待と恐怖がかきたてられる。」
       ↓
「日本のサッカーファンに会場に足を運ぶ新たな楽しみを提供できただけに、残念でならない。」

こんなこと思うのは【スペイン風邪】の典型的な症状である。
つまり、「クラブサポーター」の感性を全くと言ってよいほど持っていないし、理解できないことにある。スペイン風邪といいながら、症状は「ニッポン人的お客さま」発想なのである。

スペイン風邪にかかった大先生達に対して、これを読んでいただくと、フットボールを愛し、我がクラブを愛するサポーター達の感性が分かる。(感染しないように必ず読んでおくこと)

何が困るかというと【スペイン風邪】にかかった大先生が、あちこちで感染活動をしていることにある。今のところ対策としては「近寄らない」ことにあると思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

【Jリーグのバカ殿様】元?柏レイソルコーチ

ご存知のように、柏レイソルがJ2へ降格となったが、入れ替え戦柏ホームでの記録的大敗はあまりに悲惨だった。ゴール裏で最後までサポートし続けた柏サポーターの気持ちを考えると、とても怒りを覚えてしまうことがありました。「すでに元?柏レイソルコーチ」が東京12チャンネルに降格当日に生出演。入れ替え戦とW杯組み合わせのコメントをしていました。「まさか6点も入れられるとは思わなかった・・」とか、「理想的な試合順じゃないですか・・・」とか、ヘラヘラしゃべっていました。

ふざけるな!!!
テメーは柏コーチだろ?!
降格当日によく平気でそのツラ出せるな!

私は
無責任で、
厚顔無恥で、

サポーターの気持ちなど
これっぽっちもわからない、

Jリーグのバカ殿様が
大キライです。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005年12月10日 (土)

【天皇杯5回戦】浦和2-0FCハラ

はじめに、現地サポートの皆様ありがとうございました!
気をつけてお帰りください!!

結果は2-0の完勝でしたが、内容は超イマイチな試合でした。特に前半・・・。シュートもろくに打てず、ひょっこり2点取って勝つなんて・・・。F東の決定力のなさに助けられたといえ、レッズってこんな試合できるんだ・・と、感心してしまいました。

F東は原監督退任発表を受けて、「有終の美を飾りたいモチベ」の試合でした。しかし、最初から最後までハラコール&ハラゲート旗に石川復帰願望の大きな弾幕・・・。これって今日戦ってる選手へのサポートになるんですか???気持ちは分かりますけど、きちんと線がひけないんですね。スタジアムにいると相手サポーターなんか気にしたことないけど、テレビで見てると気になってしまいました。F東って新潟と似てる雰囲気ですよね。

そんなことより我がレッズ。次が心配です。都築大丈夫?闘莉王は?次は川崎戦。時間があるので、しっかり疲れを取ってレッズらしいサッカーを見せて欲しいです!

レッズ&Jリーグ関心度ゼロの妻に年末13年間言い続けていることがあります。
「悪いけど、元旦いないかもしれないんだ。ごめんな・・・」
もちろん今年も言いました。
妻の返事は、
「あっそ・・・元旦はお雑煮食べようね!」
毎年まるっきり相手にしてもらえません。
絶対国立行くぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

2005J最終戦 at 新潟

12/3新潟戦の天気予報は暴風雪?ほんとかいなと12/2(金)12:00に南浦和駅近くに集合しました。浦和レッズのアウェイゲームにいこう!!に掲載されていた旅ジェンヌジャパン㈱さんのバスツアーに乗り込むためです。

P1010014 これがまさしく、トンネルを抜けるとそこはアウェイだったのです。
新潟駅に7:00前に到着しましたが、極寒地新潟スタジアムまで直行してするのか、それともいったん新潟駅で降りて後から自分達で乗り込むのか選択を迫られましたが、この「寒さ」のプレッシャーに思わずラインを下げてしまいました。

      

P1010012新潟駅前にあるロイヤルホストはまるでレッドボルテージ状態になっておりました。「やっぱりここだと暖かいしねー」とこの日初お目見えした「裸族boys」に見つかりでもしたら、どんなにブーイングされるか分からない情けなさでした(だってホント寒いのです)AM8:30になって重い腰を上げて、タクシーで新潟スタジアムへ向かいました。タクシー運転手のおじさんは「あの山が見えてれば今日はそんなに天気悪くないよ」「今日は暖かい方だよ」と聞いて、半信半疑のままスタジアムに着いたのですが、びっくりなのはすごいレッズサポーターの数でした。天候は「曇り時々雹(ヒョウ)または小雨瞬間晴れ」というカンジでした。

P1010007 入場して1階の場所も確保して、ちょっと軽食をとしたところ、2階席へ上がる階段のところで揉め始めました。1階が満席になったにも関わらず、アウェイ1階から2階への階段は封鎖のまま、通常なら2階席は新潟の自由席になるはずのところですが、噂通り浦和サポーターは新潟側想定の3倍以上押し寄せたのでした。当然席がない。外を見るとまだまだ押し寄せる浦和サポーターの波。おそらく新潟側も「想定外」だったのでしょう。

         

P1010006

あれ、コールリーダーが裸に?イメージにはないので見間違い?しかもこんな寒い中?手袋を取るのもためらうような、雹(ヒョウ)と冷たい小雨が降っています。と言ってる間についに約100人の裸族の初登場です!
それみて、気合いが入ってしまいました。寒さに引いていた自分を叱咤しました。(でも裸はムリだ・・・。)試合結果もサポートも新潟を圧倒しました。新潟ホームなので「来る」かと思いましたが、イマイチ迫力不足なのか全然気になりませんでした。唯一目立ったのは、試合終了後ガンバが優勝したアナウンスがされた時、どっと盛り上がる新潟サポーター・・・???ねーねー君達悔しくないの・・・??浦和サポーターには全く理解不能な光景でした。
今回はセットプレーで2点を取れましたが、決定的なシュートチャンスを作れないのは変わっていません。うーん。守備陣では坪井のパスカットが優れ、ゆるい新潟アンデルソン側のサイドに積極的にオーバーラップを仕掛け、すばらしいできだったと思います。

結果は知っての通り残念でしたが、浦和サポーター納得の最終戦だったと思います。
まだまだ天皇杯があります。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »