« 「スペイン風邪」にかかった大先生 | トップページ | 【天皇杯準決勝~決勝へ】とうとうこの日が来ました! »

2005年12月25日 (日)

【天皇杯準々決勝】浦和2-0川崎

皆様寒い中お疲れ様でした。
勝てて本当に良かったです。

エルゴラッソを見ると「因縁の対戦」として書かれていました。浦和側としては今のところ特に「因縁」を感じませんが、川崎側にとっては前回の試合、審判の判定を巡る「因縁」があるようです。因縁はモチベーションが上がる良いスパイスになりますが、審判関連の「因縁」ならつまらないので早く忘れたほうが良いかと思います。

12241 浦和側モチベーションは「マリッチと元旦国立へ行くんだ!」が強く、試合前から「マーリッチ、マーリッチ」の大コール。クロアチア国旗、クロアチア代表ユニフォームで馴染みがある赤白市松模様フラッグが数多く掲げられました。


浦和側布陣の注目は坪井、堀之内、細貝の3バック。特に細貝は初スタメンで本職でないストッパーへ。
川崎はボールを奪うとすぐに縦にFWに当て、細貝サイドに振り、フッキがドリブル突破しいてく場面が多く、何回かはゴールライン際で細貝が抜かれたこともありました。しかし、堀之内、坪井は落ち着いていた。そう、落ち着いていたという言葉がピッタリ来るような、ピッチでの振舞いでした。
結果としてこのDFの3人が良く踏ん張った!今日のMVPはこの3バックだと思います。
特に堀之内。すばらしいゴールでした。この男は実はファンタジスタなのではと最近疑っているのです。闘莉王いなくてもお前の力でタイトルもぎ取ってくれ!
ここへ来て絶大な人気を誇っているマリッチ。プレースタイルは浦和サポーター好みでないのだけれど、人間として浦和サポーター好みの選手なんだと思います。うちのリーダーも「ワシントン取って、マリッチ切るとはなんだ!」えらい剣幕です。個人的には「ワシントン取っても、マリッチもいたっていいじゃない」と思うんですが・・・。ダメですか社長。

私は川崎の選手コメントを読んで、とてもフシギな照れを感じてしまいました。
○寺田周平選手
 「・・・セットプレーで取れるチームは上位にいますね。・・・」

○伊藤宏樹選手
 「浦和は、ボール回しがうまく、ラインを下げざるを得なかった」

ほんと?ほんとにそんな事思っているんですか。浦和レッズがそんなこと言われるなんて・・・・。川崎強いなー。浦和なんかまだまだダメだなーといつも思ってるのですが。よくも勝ったよなー。ってカンジなのですが。

試合終了後、浦和レッズは粋な計らいをしてくれました。こんなことが書かれた横断幕を手に挨拶に来てくれました。
Merry X'mas to All Reds Supporters
「手がかかるドラ息子にこんな事言ってもらえるなんて・・・(涙)」
と母親な気分でした。

最後に印象に残ったことは、BOYSのコールリーダーが、
「奴は次の契約もないのに、このクリスマスイブに、俺達のためにやってくれてるんだ!その気持ちに俺達も応えようぜ!」
といった主旨の事を話していた。
もちろんマリッチのことで、マリッチにはみんな心打たれている。
私が印象的だったのは「俺達のため」という言葉。選手やクラブを支えるのがサポーター。しかし「俺達のため」という実感があまり感じたことはないのだが、「マリッチの闘志」「横断幕」にそれがとても感じられ、とてもいい気分となりました。

さて次は大宮戦。
「簡単に勝てると思ったら大間違いだ!」
※すみません12/29休ませてください

|

« 「スペイン風邪」にかかった大先生 | トップページ | 【天皇杯準決勝~決勝へ】とうとうこの日が来ました! »

「浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138946/7819915

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯準々決勝】浦和2-0川崎:

« 「スペイン風邪」にかかった大先生 | トップページ | 【天皇杯準決勝~決勝へ】とうとうこの日が来ました! »