2008年6月21日 (土)

中断期間は退屈だ

仕事を終えて駅までの道すがら、前をとぼとぼと歩くのは犬サポのSさん。

「どうっすかそっちは?」
「いやー上向きですよ!ナビスコ無敗でベスト8っすよ」
「こっちは未勝利で敗退ですよ・・・」


浦和に埼スタで「鳥カゴやられた・・・。」と嘆いていた一時期とは違い、やや表情は明るいものの、さすがにサポーターは危機感がある。

「あーあ、でもナビスコの勝ち点リーグに振り替えられないかな。ナビスコ勝っても、J2落ちじゃー意味ないからね」

ふふ、確かにそうだ。
こっちも、ツケ(負け)はすべてナビスコに回したとなれば良いのだが。

「試合がなくてつまんないっすねー。なんか張りがないというか、ストレス発散にもなっていたんだよね」

そう言われて見ればそうだ。つまらんぞ。
(でも違う種類のストレスもたまることもあるのだが・・・。)

「次は28日だよね。こっちは国立で柏戦っす。」
「国立?」
「浦和戦は日立台でやらんのですよ。」
「なんだ、売上のためか。国立じゃ浦和にジャックされちゃうじゃん」
「そりゃそうですよ。国立は浦和のホームみたいなもんだからね」
「ふん!いやだいやだ・・。やな連中だ。」


半分あきらめ顔で言うので、
フクアリの犬サポはがんばっていると賞賛しておきました。
(ホームなので当たり前なことですが・・。)
ジェフ千葉は味スタ連戦みたいです。
ぜひ緑さんとガスさんをやっつけておいてください。

ところで、同じフロアに鹿ファン、鞠ファン、ガスファン、札幌ファンがいる気配があります。
(大宮隠れファンは判明していますが。)
今度一人一人からんでいきたいと思います。

ちなみに私のグループに入る新入社員は「決して浦和レッズの悪口を言うな」と言われて配属されるそうです。なかなか分かってるじゃねーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

ACL準決勝第2戦 vs 城南一和

「あーもう仕事なんかしてらんねー、どうやって早くバックレられるかなー」なんてサラリーマン、OL何千人といたのではないでしょうか。

となりの部署の脇を通ったら、レッズサポのSさんを見つけたので、「よー今日行くんだろ?」と挨拶代わりに声かけたら、
口に指をあてて「シーーーー!!!」
プッ!あいつ適当なこと言って出て行くつもりだな。そういう自分も16:45に「消え」ました。

シビレル試合でした。
城南は、ガンバと川崎の良いところを併せ持ったようなチームでした。
7番、8番中心にボールを回すに回し、サイドを突破されクロスを上げられる。出足が良く、ボール際に強く、圧倒された感がありました。そしてカウンターが早い、うまい。韓国っぽい汚さもあり厳しい試合でした。

誰がこんな展開を予想したでしょう。我々は甘かったということです。1-0となり、Jリーグではあの状況から2点は取られません。そんな自信もあったはずです。しかも事故ではでなく完全にやられての失点でしたから。

延長後半終了後、数分とたたずに、南からバックからゴール裏上段からと、旗が動き始めました。そうです。ゴール裏最前列に集結するためです。
まるで、戦国時代、各方面の部隊が最後の城を落とすために、戦力を集結しているようです。誰かが指揮したわけでもない。今何をすべきかみんな判っている。これが浦和サポーターの強さです。

PK戦。
ポンテ。「ロビーなら大丈夫だ」
ワシントン。「トラウマがあるから心配」
阿部。「阿部なら大丈夫だ」
永井。「おー永井頼む」
平川。「平川かい?!」

城南選手が蹴る時のゴール裏の怨念とも言える大ブーイング、旗とタオルマフラーをあらん限り振り回し、「はずせー」と叫んでしまいました。

あとで録画見たら、けっこう平川落ち着いてましたね。たいしたものですよ。

次は決勝。
でもその前に名古屋戦。
ガンバが負けましたが、それはそれ。やはりホームで負ける訳にはいきません。

今日のキーマンは堀之内選手だと思います。
怪我人続出ですが、こんな状況の時にやってくれるのが堀之内なんですよ。
口うるさい浦和サポーターからの信頼が厚い堀之内選手。
無失点&決勝ゴールでヒーローになっちゃってください。
(そろそろ出ないと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

【浦和1-0横F】オジェック采配とトリコロール作戦?

うだるような暑さで、ペットボトル飲料&ビール何本飲んだでしょうか?

今日は先発で一人並ぼうとしていたところ、東門ゲート階段付近でビール飲んでいた、指定席オヤジチームのⅠさん達に声かけられました。
アウェイでは自由席とのことで並びをご一緒することになりましたが、レッズサポ歴10数年、筋金入り宴会チームのみなさんはしゃべるしゃべる、飲むは飲むはで全く飽きません。楽しかったです。

そのしゃべりの一つを紹介。
Ⅰさんはマリノス戦に行くことを奥様に伝えていなかったことに前日気付き、焦ったⅠさんは、ご機嫌取りにお台場まで昨夜ドライブに連れて行ったそうです(笑)

Ⅰさん曰く「レッズをサポートをするためには、何度でも頭を下げ、どんな事も我慢する」と誇らしげ?に語っていましたが、それって、かっこいいのかかっこ悪いか良くわかりませんが、きっとそんな肩身の狭いお父さんレッズサポーターがたくさんいるのでしょうね。

さて試合前、ちょっとした情報を耳に入る。田中達也にスタメンに入っていない。怪我か?でも、サブ組として練習している。
結果はご存知の通り。オジェック采配がスバリ当たった結果になりました。
そしてこのオジェックのコメントに納得。

しかし、苦しい苦しい試合でした。明らかに選手が動きが鈍い。水曜の試合を知っていサポーターは、ただただ鼓舞するのみ。そして永井のゴール!
久し振りに狂気乱舞した感じです。選手に感謝です。
粘りに粘って勝ち取ったこの勝利は大きい。こんな緊張感がこれから続くのでしょうね。

マリノスのビジュアル。
あれでいいのですかね。
クラブ側のお膳立てで、「みなさーん、席に配られたボードをあげてくださーい」なんてアナウンスが入ったりして。
もちろんクラブやスポンサーの協力は絶対必要ですが、なによりサポーターの意思や思いが感じられないのですよ。選手を鼓舞できたのですかね?
自分達が楽しむ試合前のイベントと同じレベルに感じました。

帰りの電車。
駅に着き降りるところで、後ろから「お疲れ様でした!」の声。
振り返るとレプリカ着た素敵なお姉さまが微笑んでいました。
私も出来る限りの笑顔で「お疲れ様でした」と返し電車を降りました。
最後の最後までいい気分で帰ることができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«大宮>浦和>>>>FC東京